生後8ヶ月の寝るときの服装を季節別にご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装にどんな服を選んであげればいいのでしょうか?

生後8ヶ月の赤ちゃんは、動きも活発になってきて、布団でじっと寝ていることはまずありません。

冷えてしまわないようにしっかりと服装で守ってあげる必要があります。

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装を季節別にまとめました。

おすすめもご紹介していくので、購入する時は必ずチェックしてみて下さい。

 

Sponsored links

生後8ヶ月の寝るときの服装〜夏〜

生後8ヶ月の寝るときの服装について夏の寝るときの服装からご紹介していきます。

暑い夏は、半袖の肌着1枚で寝かせても大丈夫です。

大人であっても夏は寝苦しい時期でもあります。

赤ちゃんにとっても暑いと寝にくいので、ぐずって起きてしまうこともあります。

エアコンを付けて寝ることもあるでしょう。

エアコンの温度は、大人が寒くないくらいの設定にしておきましょう。

赤ちゃんは大人と比べて暑がりなので、すぐに暑くなってしまいます。

赤ちゃんが寝るときは、おなかを冷やしてしまわないように注意して下さい。

おなか周りにはバスタオルやタオルケットをかけてあげるといいでしょう。

ロンパースタイプやコンビ肌着などを着せると、おなか周りを冷やす心配がなくて安心です。

また、赤ちゃんは寝汗をかくことが多いのも特徴。

特に生後8ヶ月になると寝返りができるようになって、汗もの心配な時期ですね。

汗をかいているようであれば、寝ていてもお着替えが必要です。

汗取りパッドをしておけば、簡単に汗をとってあげることができるのでおすすめ!

Sponsored links

生後8ヶ月の寝るときの服装〜冬〜

冬になると、寒いのにも関わらず、布団を蹴ってしまうことがあります。

寝返りしたと同時に布団がとれてしまうこともあって、親の方が熟睡できない季節でもあります。

赤ちゃんは、かなり暑がりでもあるので、布団にこもった暖かい空気が不快な場合が多くなります。

そのため、布団を蹴ってしまっているので、あまり心配し過ぎる必要もありません。

うずくまるようにして寝ているのであれば寒いのでしっかりと布団をかけてあげましょう。

気持ちよさそうに眠っているのであれば、そこまで心配する必要はありません。

パジャマは厚手のものを選んであげて、スリーパーを着せてあげると安心です。

しかし、あまりにも厚着にしてしまうと暑くなってなかなか機嫌よく寝てくれないこともあります。

基本的に長袖の肌着に厚手のパジャマがおすすめです。

腹巻付きのパジャマであればおなか周りをしっかりとカバーしてくれるので、冬におすすめ。

靴下や手袋も必要ありません。

赤ちゃんは、手足で体温調節しているので、手足を温めてしまうと体の中心部が冷えてしまいます。

また、冬寝る時はエアコンは必要ありません。

乾燥に気をつけて加湿をするようにしましょう。

赤ちゃんの肌は非常に乾燥に弱くなっています。

保湿を意識するようにして冬は乗り切りましょう。

生後8ヶ月の寝るときの服装〜春&秋〜

1日の気温差が激しい春と秋でもあります。

日中は過ごしやすい時期でもあるのですが、夜中はかなり冷え込むこともあります。

体調を崩しやすい時期でもあるので、寝るときの服装は気をつけていきましょう。

寝るときは、パジャマの下に肌着を着せてあげるのも忘れないように!

上下のつながったコンビ肌着などなら安心です。

腹巻付きのパジャマであれば、おなか部分が暖かく包まれて安心でしょう。

少し寒い時期であれば冬用のパジャマに短肌着の上にコンビ肌着がおすすめ。

暖かくなってきたら薄手のパジャマにしてもいいですね。

また、肌着1枚ではまだまだ寒い時期でもあります。

パジャマでは着せすぎかなという場合は、肌着を半袖やタンクトップにしてあげてもいいでしょう。

暑い日にはメッシュ素材の肌着もおすすめです。

生後8ヶ月の寝るときの服装の選び方

生後8ヶ月は、寝るときも寝返りをうって動き回る時期でもあります。

寝るときの服装を選ぶときは、おなかがでてしまわないよな服を選ぶようにしましょう。

おなかをしっかりと暖かくしておけば、体を冷やすことがありません。

腹巻付きのパジャマや腹巻をしてもいいでしょう。

上下がつながっている肌着を選んだり、ロンパースタイプの服を選ぶようにして下さい。

寒い時期であればベストやスリーパーなどを着せてあげると暖かく眠ることができます。

寒い時期は、あまりに厚着をさせてしまうと暑がりな赤ちゃんは熟睡できません。

大人マイナス1枚くらいで選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの寝るときの服装は通気性がよく発汗性の高い服装を選ぶのもおすすめです。

綿100パーセントの肌に優しい素材を選ぶと赤ちゃんの敏感な肌にも優しくなりますよ。

生後8ヶ月の寝るときの服装のサイズ

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装のサイズは、80センチくらいが調度いいサイズとなります。

個人差の大きい時期でもあるので、赤ちゃんに合わせて選ぶことも大切です。

寝るときは、ジャストサイズを選ぶようにしましょう。

ブカブカになると寝返りが打ちにくく、小さいサイズを選んでしまうと窮屈で熟睡できないことがあるので気をつけて下さいね。

Sponsored links

生後8ヶ月の赤ちゃんを寝かせる時におすすめの商品(肌着・パジャマ)

CAMPFREE (Tシャツ&ロンパース)

ベビーから大人まで!家族みんなでお揃いコーデが楽しめる商品です♪70・80サイズのよちよちベビーちゃんもお兄ちゃんやお姉ちゃんと仲良くオシャレを楽しみたい方におすすめです!!

半袖ロンパース(春・夏)

丈夫でお肌に優しいコットン素材で、部屋着でもお出かけ着でも大活躍!前開きで、着替えやおむつ替えに便利です。

半袖ロンパース(綿100%)

カラーバリュエーションが豊富なロンパース。沢山汚すので多めに持ちたい方におすすめです!

半袖ロンパース(Girls)

可愛い模様のロンパース!暑い時期も一枚で過ごせるので便利です。

Carter’s ロンパース

綿100%素材の半袖ロンパース。前開きスナップボタンでお着替えラクラクです。暑い季節に1枚でサラっと着れる可愛いロンパースとなっています。

Carter’s ロンパース(アウトレット)

Carter’sのロンパースがアウトレットに!お得にお買い物したい方はこちらから!

CAMPFREE (ARMY ロンパース)

ベビーだってかっこ良く着こなしたい! ロゴをシンプルにあしらった半袖ロンパースが大人っぽく、オススメです! Tシャツとお揃いを楽しめるので、兄弟お揃いでも着るのもおすすめです。 ベビーに嬉しいコットン100%で肌に優しいのもうれしいポイントです。

ベビーロンパース(コットン100%)

生地と作りがしっかりしていて、洗濯してもへたれにくい商品となっております。シンプルな肌着が欲しい方におすすめです。

オーガニックコットン パジャマ

オーガニックコットン100パーセント使用した赤ちゃんの肌に優しい素材でできています。国際認証取得オーガニックコットンになるので、高級感がありかなりさわり心地もよくおすすめです。高級感があふれ贈る方も貰う方もどちらにもおすすめの、パジャマになっています。

【家計にやさしい】アウトレット!カバーオール

小さい子はすぐ服を汚したり、すぐ大きくなっているので、アウトレット商品でも良い!そんなあなたにおすすめです。様々なカラーや柄もあり、おしゃれ感もありますね!家計にも優しくおすすめです!

アンパサンド 長袖パジャマ

デザインが豊富に揃っていて、可愛いので迷ってしまいます。厚手でしっかりとした素材なので、何回も洗濯しても長持ちします。兄弟おそろいで着ることもできるのでおすすめです。

【Combi mini】コンビミニ ガウン兼用スリーパー

可愛いガウン!多少大きくなっても使用でき、長く使うことが出来ます。

腹巻パジャマ

スムスコットン100パーセント使用した腹巻付きパジャマです。前開きになっているので、赤ちゃんにも着せやすくなっています。スムスコットンは、吸水性が高く通気性にも優れているので冬のパジャマに最適な素材です。少し厚手の生地なので、寒い冬でも安心でしょう。大き目のボタンを採用しているので、お着替えもストレスゼロです。腹巻付きなのでおなかを冷やす心配がありません。おなかを締め付けるほどきつくないので、赤ちゃんも嬉しい腹巻です。

スタンダード パジャマ

安心の日本製パジャマです。素材はパイル生地の綿100パーセント使用しています。生地も縫製も全て日本で行っており、安心して赤ちゃんに着せてあげることができます。前開きのカバーオールタイプになっているので、首がまだしっかりしていない赤ちゃんにおすすめです。ボタン式になっているので、着せるのも簡単でしょう。赤ちゃんの肌にも優しい素材になっていて伸縮性もあるので、赤ちゃんの冬のパジャマに大変おすすめです。

GROONY 毛布スリーパー

2WAYタイプの毛布スリーパー!ついついふとんを掛けずに寝てしまうことも多いはず。そんなお子様にピッタリの『毛布スリーパー』。お腹を冷やさず、風邪対策・身体を守っていきたいですね!