ベビー服で長く着られるサイズはある?おすすめの服をご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

赤ちゃんの成長は目まぐるしいですよね?

ジャストサイズを選んでしまうと、すぐにサイズアウトしてしまって結局何回か着ておしまいのベビー服も少なくないことでしょう。

できれば長く着せられるサイズのベビー服を選んであげたいものです。

ベビー服の月齢や年齢別に平均的なサイズや長く着られるサイズをご紹介していきます。

お気に入りのベビー服を長く使い続けるために、ママさん必見です。

Sponsored links

ベビー服の月齢や年齢別のサイズ

月齢や年齢別にサイズの変化をご紹介していきましょう。

50センチから60センチは、生後3ヶ月くらいまで着せることが多くなります。

新生児期から生後3ヶ月までは、ネンネの時期でもあるので前開きの長肌着や短肌着は主流となっています。

かぶりのものは、首がしっかりとしていないのでまだ着せることができません。

60センチは、生後2ヶ月から生後4ヶ月まで着せることができるサイズです。

この時期は首が少しずつ座ってくる時期となります。

首がしっかりとしてきたら、かぶりタイプの服に移行してもいいでしょう。

コンビ肌着などが着せられる時期となります。

60センチから70センチは、生後4ヶ月から10ヶ月くらいのときに着せるサイズです。

この時期の赤ちゃんは、腰もしっかりとしてきてお座りや寝返りなど活発に動き始める時期でもあります。

上下が離れているセパレートタイプに移行してもいい時期でしょう。

もちろん、上下がつながったロンパースタイプでもどちらでも構いません。

70センチは、生後4ヶ月から1歳2ヶ月まで着せることができます。

80センチは生後10ヶ月から1歳8ヶ月くらいまで着せることができるでしょう。

Sponsored links

ベビー服で長く着られるサイズ

ベビー服で最も長く着せられるサイズは、80センチが長く着せられるベビー服となります。

50センチや60センチはあっという間にサイズアウトしてしまうアイテム。

これは大変個人差が大きく、赤ちゃんの成長の早さにもすごく関係しているので、赤ちゃんに合わせるほか仕方ありません。

例えば、新生児で50センチを着せていた赤ちゃんが60センチに移行して、70センチを飛ばして80センチを着ていたり、50センチの次は80センチを着ているということもよくあることです。

また、上下が離れているセパレートタイプの服に移行する時期でもあります。

赤ちゃんそれぞれの発達の時期にもよって変わってくるでしょう。

ベビー服を長く着るためのサイズの選び方

ベビー服といっても様々なアイテムがあり、サイズの選び方も違ってきます。

アイテム別にベビー服を長く着るためのサイズの選び方をご紹介していきましょう。

ワンピース

ワンピースは、女の子に着せたい服でもないでしょうか?

ワンピースを選ぶ際は、ノースリーブでも半袖でもワンサイズ大きめを選んでも大丈夫です。

赤ちゃんの身長と体重にあったサイズのワンサイズ上を購入すると失敗がありません。

2年間くらいは着ることができるでしょう。

違和感もそれほどないので、ワンサイズ上でも大丈夫です。

長袖ワンピース

長袖のワンピースを選ぶときは、ジャストサイズがおすすめ。

袖が長いと手が隠れてしまってブカブカに見えてしまうのが長袖のワンピースです。

海外のものを選ぶとより長くなってしまうので、注意!

トップスのノースリーブ・半袖

こちらもワンピース同様ワンサイズ上でも大丈夫なアイテムです。

袖がついていないので、ワンサイズ上でも違和感なく着せることができるアイテムとなります。

チュニックのような感じになって、サイズを大きく購入しておけば2回楽しむことができるのです。

長袖トップス

長袖トップスは、ジャストサイズがおすすめです。

袖の部分がどうしてもワンサイズ上を着せると、長くなってしまうので、ブカブカになってしまいます。

子供の服を選ぶ時に、袖の長さがぴったりとしているかは結構重要です。

カーディガン

カーディガンは、ワンサイズ上でも十分着せることができるアイテム。

カーディガンを着せるときを考えてみると、何かの上から羽織るアイテムとなりますよね?

そのためジャストサイズを選んでしまうと、窮屈になってしまうので、ワンサイズ上を購入するようにしましょう。

無地のカーディガンを選ぶと、袖を折り返せば違和感なく着せられるのでおすすめです。

ボディ肌着

ボディ肌着もワンサイズ大きくても、大丈夫なアイテムです。

肌着としてボディ肌着を選ぶのであればジャストサイズを選ぶ方がいいでしょう。

ボディ肌着は、伸縮性のいい素材でできているので、柔らかく赤ちゃんの体にフィットしてくれます。

肌着なので、洋服を着てしまえば分かりません。

ボトムス

ボトムスのサイズの選び方は、丈によって選び方が違います。

ハーフパンツであれば、ワンサイズ大きくても大丈夫でしょう。

10分丈のボトムスとなると、裾を引きずってしまうので、危ないことからジャストサイズを選びます。

また、ウエスト部分もサイズ調節ができるかどうかもチェックしてみましょう。

サイズが調節できるように、ゴムの長さが変えられるボトムスであれば長く着ることができます。

レギンスなどは、ジャストサイズを選んだ方がいいですね。

長袖アイテム

長袖アイテムは、基本的にジャストサイズを選びましょう。

肩周りがゆるくなってくると、着せられている感じがしてしまいます。

肩周りがジャストサイズのものでないと、すぐに大きいサイズを着ているのが分かってしまうのです。

ですので、長袖アイテムはジャストサイズを選ぶようにしましょう。

Sponsored links

ベビー服で長く着られるおすすめの服

スリーパー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はぐまむ 綿毛布 スリーパー ベビー 2way 日本製 三河木綿 着る毛布 赤ちゃん 子供 秋 冬
価格:4599円(税込、送料無料) (2021/1/4時点)

楽天で購入

 

ボタンの留め方次第で長く使えるスリーパーです。

夜中に布団を蹴ってしまっていると「寒くないかな?」と心配になってしまいますよね?

夜中にスリーパーを着せておけば、布団を蹴っていても安心です。

ボタンの留める位置によって赤ちゃんから3歳くらいまで使うことができるのでおすすめ!

生地もふんわりしていて、暖かい生地になっています。

レギンス

伸縮性の優れたレギンスなので、長い期間使うことができます。

お月様と星のデザインがとっても可愛いアイテムです。

ベビーポンチョ

日本製のふわふわベビーポンチョです。

クマの耳がとってもキュート!

ポンチョはある程度大きくなっても着せることができるので、長く使えるアイテムとなります。