カバーオールはいつまで着せる?セパレートの移行タイミングは?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

カバーオールとセパレートいつから移行していけばいいのかご存知ですか?

カバーオールとセパレートとの違いについて詳しくご紹介していきましょう。

カバーオール卒業後におすすめの服もご紹介していくので、チェックしてみて下さい。

Sponsored links

ロンパースはいつまで着せる?

ロンパースをいつまで着せるのか、これといった決まりはありません。

人によっては、ロンパース姿が可愛いのであえて着せ続ける人もいます。

また、おなかが見えないので抱っこが多い赤ちゃんにとってはロンパースの方がいいと考える方も。

肌着は、ロンパースのものにして上に着る服をセパレートにするという使い方もできるので、コーデの幅も広がります。

また、保育園によってはロンパースタイプはNGの保育園も!

トイレトレーニングをする関係で、自分でズボンの上げ下ろしができるようにと、あえてセパレートタイプを指定する保育園もあるので注意しましょう。

ロンパースは、おなかが隠れるので、寝返りをうっている時期は大変おすすめです。

Sponsored links

カバーオールとロンパースの違い

カバーオールは、長袖、半袖、ノースリーブといったタイプがあって、足を全体的に覆ってくれる長ズボンタイプのものが主流となります。

股下にスナップがついていて留めることができます。

肌着にも使えますし、洋服として着せることもできるアイテムです。

カバーオールもロンパースと同様上下がつながっているタイプになっています。

ロンパースと違って、カバーオールは、腕や足首まで包むタイプになっているので、赤ちゃんの洋服として着せることができます。

裾の部分はゴムがあるので、まくれ上がらないようになっていて冬のお出かけにおすすめ。

ロンパースは、長袖、半袖、ノースリーブがあります。

足を覆ってくれないので、赤ちゃんの足が出ている状態になります。

股下にスナップがついていて、上下がつながっているのが特徴です。

肌着として使っても、洋服として使ってもどちらでも大丈夫になっています。

暑い夏であれば、ロンパース1枚で日中過ごすことができるアイテム。

ロンパースには、かぶりタイプと前開きタイプがあって、股下にスナップがついていてオムツ替えも簡単にできます。

セパレートデビューはいつ?

一般的にセパレートデビューは、1人でお座りができるようになってからか、腰が座ってからと言われています。

生後7ヶ月くらいからセパレートデビューとなりますね。

お世話する人のいい方で選んでも大丈夫です。

セパレートデビューをするタイミングとして、上下の離れた服の方が着替えが簡単であったり、おしゃれを楽しみたいというタイミングが多くなります。

中には首が座ってからセパレートデビューする方もいます。

セパレート服のサイズ

セパレートデビューの頃にはジャストサイズで70センチです。

長く着せたいと考えるのであれば、80センチがいいでしょう。

70センチは、あっという間にサイズアウトしてしまうサイズになってしまうので、80センチで袖や裾を曲げるなどしてもいいですね。

80センチであれば種類も豊富になるので、おすすめです。

赤ちゃんの成長はとても早くあっという間にサイズアウトしてしまいます。

できれば長く着せたいと考えるのであれば、少し大きめサイズを選ぶのもありですよ。

肌着は、できればジャストサイズを選んであげましょう。

肌着がジャストサイズであれば、上に着る服はそれほど大きくなければ大丈夫です。

Sponsored links

カバーオール卒業後のおすすめの服

ニットカーディガン

トレンドであるくすみカラーのヨーロピアンテイストのあるカーディガンです。

着まわし抜群のシンプルカラーになっていて、おでかけにピッタリ。

動きやすいように、グランスリーブもポイントが高くなっています。

さらりとした肌触りのいい素材でできているので、長い期間着ることができるアイテムです。

カラーバリエーションは、ベージュ、スモーキーピンク、チャコールの3色。

どんなコーデにもあうカーディガンなので、おすすめです。

カーディガンは、秋や春の体温調整に大変重宝しますし、夏は紫外線対策にもなるので、長い期間季節を問わず使えるアイテムになっています。

かばんに入れておいても邪魔にはならないので、「ちょっと着せておこう」というときのためにかばんに常に持ち歩いてもいいでしょう。

赤ちゃんは、体温調整が苦手なので、サッと羽織らせることができるカーディガンはかなりおすすめです。

トップス

カラーバリエーションは、15色から選んべる無地の長袖ティーシャツです。

ミニ裏毛素材で、春秋シーズンにはとっても重宝するでしょう。

伸縮性がいいので、かぶりでホックもついていません。

お着替えも簡単にできるので、自分で着脱の練習ができておすすめです。

インナーとして着ても着心地がよく、とっても肌触りがよくなっています。

食事やお外遊びで汚しやすい袖は、あえて9分丈にこだわり、またダラーンとならないようにすぼめているのでへたりません。

何回お洗濯しても、大丈夫なので保育園用に用意しておいてもいいですね。

シンプルなデザインになっているので、どんなコーデも簡単に決まるのでおすすめです。

ボトムス

トレンドのくすみカラーのパンツです。

裏起毛であったか素材でできています。

素材的には定番ですが、形的にもシンプルなモンキーパンツになります。

シンプルで使いやすいパンツですよ。

カラーバリエーションは9色になっています。

日本製でしかもホルマリンではないので、初めてのセパレートにも最適です!

出産祝いにも選ばれているアイテムとなります。

パンツ

とにかく伸縮性にこだわった素材を使っているので、着せやすく脱がすのも簡単です。

カラーバリエーションは、9色となっていてカラフルスパッツとしても使いやすいアイテムになっています。

80センチから95センチのベビーサイズですが、ストレートラインで足首でくしゅくしゅっとなるので長い間履くことができます。

もちろん、折って使うこともできます。

身長60センチ70センチ台赤ちゃんにも着せることができますよ。

お尻にマチのないすっきりしたストレートパンツになっていて赤ちゃんがはいてもすっきりとしたシルエットとなります。

優れた伸縮性を持つからこそ実現するスリムラインになっているのでかなりおすすめです。