赤ちゃんの夏の服装は10ヶ月ならこの格好がおすすめ!

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

生後10ヶ月の赤ちゃん。

生まれた頃とは違い、活動の幅が広がってきています。

室内での過ごし方も、生まれた頃とは全く違います。

そんな赤ちゃんにぴったりな夏のお洋服は、どんなものでしょうか?

季節や活動に合ったお洋服についてご紹介します。

Sponsored links

10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は何がいい?

生後10ヶ月の赤ちゃん、夏の服装はどんなものがよいのでしょうか?

この頃の赤ちゃんは、ハイハイやつたい歩きがはじまります。

赤ちゃんが活動したい時に活動しやすいお洋服を着せてあげましょう。

使いまわしが効くおすすめのお洋服は、ロンパース肌着です。

夏は暑い日が続きます。

気温や湿度に応じて、ロンパース肌着にその時に必要なお洋服を加えていきます。

ロンパース肌着をベースに、赤ちゃんの体に適度にフィットしたお洋服を選んであげると赤ちゃんの活動を妨げません。

セパレートのお洋服を着せてあげる場合も、肌着はロンパース肌着がおすすめです。

セパレートタイプの肌着を着せてあげる場合は、お腹が出ないような着丈の長い肌着がおすすめです。

室内の服装

室内の服装は、ロンパース肌着をベースにお洋服を着せてあげるとよいでしょう。

蒸し暑く過ごしにくい日であればロンパース肌着、更に暑く過ごしにくい日であればキャミソールやタンクトップタイプのロンパース肌着一枚で過ごすと涼しく快適に過ごすことができます。

適度な暑さの日であれば、ロンパース肌着に丈の短いズボンや露出の多く動きやすいブルマを着せてあげましょう。

キャミソールやノースリーブタイプのロンパース肌着を着せてあげている場合は、上からTシャツなどを着せてあげることもできます。

セパレートタイプの肌着でも良いのですが、お腹の冷えやお腹が出てしまわないように気をつけてあげて下さい。

大人のような完全なセパレートのお洋服に移行するのは、赤ちゃんが一人で歩けるようになった頃、オムツが外れた頃でも十分です。

ロンパース肌着は、お股のところを止めなければ着丈も長く、長い期間使用することができます。

そして暑い夏、赤ちゃんはたくさん汗をかきます。

汗をかいた場合はこまめに汗を拭き、必要であればお着替えもさせてあげて下さい。

汗で濡れたままにしておくと赤ちゃんの体が冷えて風邪をひいたりすることもあります。

濡れタオルで拭いてあげたり、シャワーやベビーバスで水浴びさせてあげるのもよいでしょう。

肌を清潔に保つことで、赤ちゃんの肌トラブルを防ぐことができます。

蒸し暑く冷房器具を使用しなければいけない場合は、使用温度に気をつけましょう。

外気との温度差は5°以下、設定温度は大人では少し高めの26°~28°を目安にしましょう。

冷房器具を使用すする際は、冷風が直接赤ちゃんにかからないように配置に気をつけましょう。

お部屋の温度に合わせ、赤ちゃんの服装もカーディガンやズボンで調節してあげてください。

スナップボタンのついた薄手のカーディガンは、寒い時にもすぐに着せてあげられるので重宝します。

赤ちゃんの様子がおかしい場合は赤ちゃんの様子をしっかり観察し、かかりつけの病院で診てもらいましょう。

この時期は離乳食もはじまっており、体調不良の原因が食事の可能性もでてきます。

赤ちゃんの症状をしっかり把握し、お医者さんに適切な対処をしてもら得るよう準備しておきましょう。

外出時の服装

赤ちゃんとの外出時に気をつけることは、日焼け、虫刺され、商業施設等での冷房対策です。

外出時用に薄手のカーディガン(スナップボタンがついたもの)と薄手の丈が長めのズボンがあると便利です。

それそれ心配される状況時に、カーディガンやズボンを着せてあげるとよいでしょう。

お顔の日焼けが心配な場合は、日焼け止めクリームをぬってあげましょう。

虫刺されについてはお洋服の上から刺されてしまうこともありますが、着ているのと着ていないのではだいぶ違ってきます。

心配であれば靴下も履かせてあげると、露出部分を減らすことができます。

虫刺されが心配な場合は、衣類に虫よけスプレーなどを噴霧しておくと赤ちゃんの肌に触れずに使用することができます。

外出時、抱っこ紐やベビーカーで移動する際も、ガーゼ等薄手のベビーケットを使用して同じような対策ができます。

虫よけスプレーや虫よけグッズ日焼け止めは、使用できる月齢がそれぞれ商品によって異なります。

商品の注意事項を確認して使用するようにしましょう。

月齢が記載されていない商品も多くあります。

ひと手間かかってしまいますが、心配な場合はコールセンターなどに直接問い合わせてみると安心して使用することができます。

商業施設での冷房対策として、ベビーカーのフードなどを利用して風よけに利用することもできます。

野外に出る際は、熱中症の危険があります。

帽子を必ず被るようにしましょう。

帽子を選ぶ際は、適度な長さのツバがついていて、首の後ろ部分をガードしてくれる帽子を選んであげましょう。

もし帽子を忘れて出かけてしまった場合は、スポーツタオルなどで代用できます。

赤ちゃんの頭を、暑い日差しから守ってあげましょう。

体の発育が早い赤ちゃんは、外出の際に大人しくしてくれているとは限りません。

先日、生後10ヶ月くらいの赤ちゃんと一緒にお出かけをする機会がありました。

赤ちゃんは様々なことに興味を持ち、自己主張もします。

お母さんが抱っこ紐で抱っこしていても、嫌になってしまうと暴れだしてしまいます。

ショッピングカートに乗っていても身を乗り出したり、知らない人のカートに手をかけて危険だったり、終いには飽きてしまい暴れだします。

ハイハイができるスペースへ行けばハイハイをし、興味があるものを触ります。

つかまれるものを見つけるとつかまり立ちをし、手の届くものをいたずらします。

素晴らしい成長ぶりなのですが、目が離せずお母さんはたまりません。

成長目まぐるしいこの時期の赤ちゃんは、予測不可能な所もあり外出先で困ってしまう場面も多く出てきます。

外出の際はもしもの時の為に、赤ちゃんの気をひくアイテムや対策を準備しておくとよいかもしれません。

おもちゃっだったり、おやつっだったり少しの間でも赤ちゃんが大人しくしてくれるアイテムがあると役立つのではないでしょうか。

寝る時の服装

赤ちゃんが寝る時に気をつけることは、涼しい格好をさせてあげること、お腹を冷やさないようにすることです。

パジャマはセパレートタイプでもロンパースやカバオールでもよいのですが、肌着はお腹の隠れるロンパース肌着がおすすめです。

蒸し暑い日には、半袖ロンパース、キャミソールやタンクトップのロンパース一枚で寝るのもよいでしょう。

適度な暑さや、冷房器具を使用する際は袖の無いタイプのロンパース肌着の上からロンパースやカバーオールを着せてあげたり、ロンパースやカバーオールでも涼しいデザインのものを着せてあげたりして調節してあげて下さい。

ロンパースやカバーオールも、袖が短くズボンの裾も短いもの等、様々なタイプがあります。

セパレートタイプのパジャマであれば、腹巻が付いているものがお腹が隠れておすすめです。

赤ちゃんが寝る時は、お腹が冷えないようにお腹のあたりにベビーケットなどをかけてあげましょう。

赤ちゃんが動いて心配な場合は、素手のスリーパーを着せてあげるとお母さんも安心して眠ることができます。

住んでいる地域や時期によって、夏でも寝る時の環境がかなり違います。

都心などであれば冷房器具を使用する機会も多くなります。

その際は、エアコンは温度設定に気をつけて冷えすぎないように使用しましょう。

眠るときに涼しいだけでも、寝付き安さが違ってきます。

エアコンや扇風機のタイマー等を上手く利用し、必要なければ不要な時間はエアコンを使用しないようにしましょう。

また、冷房器具の風が直接赤ちゃんにかからないよう、配置にも気を配ってあげて下さい。

地方にお住まいであれば、夜間は外気を利用して涼しくすることが可能な場合もあるかと思います。

その場合は時間帯によって冷え込むことがあったりします。

必要な時は赤ちゃんの服装を調節して、寝かせてあげて下さい。

Sponsored links

10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装のサイズ

標準的な生後10ケ月の赤ちゃんのサイズは、70~80サイズです。

生後6ヶ月~1歳頃までは70~80サイズになります。

大きい赤ちゃんであれば、90サイズがおすすめです。

因みに90サイズと100サイズでは、かなりサイズ感が違ってきます。

90サイズであれば2歳ごろまで着用できますので、大きめの赤ちゃんは90サイズがおすすめです。

夏服は半袖を着ることが多い季節です。

半袖であれば多少サイズが大きくとも、オーバーサイズのお洋服のようにして着ることができます。

例えばロンパースにブルマのコーディネートであれば、大きめのロンパースのお股の緩みを上手に隠すことができます。

10ヶ月で購入した90サイズのお洋服は、よほどのことがない限り次の年も使用することができます。

次の年の利用も考えて購入する場合は、しっかりした生地で長持ちするお洋服を購入することをおすすめします。

素材のしっかりしたお洋服を選ばなければ、ワンシーズンで着れなくなってしまうこともあります。

ワンシーズンでおしまいのお洋服ならば、ジャストサイズのお洋服を購入してあげてもよいかもしれません。

ズボンやブルマ等もウエストサイズがあっていれば、多少緩くとも問題ありません。

ウエストサイズが緩いものは手直しが必要ですが、直してあげれば着せてあげることができます。

夏のお洋服は緩ければ、オーバーサイズで涼しいだけです。

ただ全てがオーバーサイズ過ぎると、間違ったサイズのお洋服を着ているだけに見えてしまうので気をつけて下さい。

10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装の選び方

夏服選びで気をつけて欲しいのは、素材選びです。

夏は赤ちゃんもたくさんの汗をかきます。

お洋服の素材によっては汗の吸収が悪かったり、汗の吸収がよくてもお着替えをしなければ体が冷えてしまったりお世話が大変な季節でもあります。

お洋服が擦れて、擦れやすい部分の肌が赤くなってしまったりすると可哀そうです。

伸縮性、吸収力、肌触りなどを確認し、こまめにお世話してあげて下さい。

またハイハイやつたい歩きが盛んになってくる時期でもあるので、活動の妨げにならないお洋服を着せてあげましょう。

蒸し暑い時期であれば、露出の多いお洋服は動きやすく赤ちゃんにとっての実用性も高いお洋服になります。

お母さんにとっても、お世話するにあたり扱いやすく着回しの効くものでもあります。

半袖、キャミソールやタンクトップのロンパース肌着はおすすめのアイテムです。

10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装の注意点

赤ちゃんの夏の服装で忘れてはいけないのが帽子です。

夏場、帽子をしっかり被り熱中症対策をしっかりするよう心がけましょう。

形状は適度なツバの長さがあり首の後ろもガードしてくれるものが安心です。

素材は柔らかく肌触りのよいものがおすすめです。

コンパクトに折りたためるものや、ご自宅で洗えるものが持ち運びが楽で清潔に使うことができます。

帽子も扱いにくい素材のものもあります。

夏と言っても毎日のお散歩などを考えると、使用頻度は高くなります。

使い勝手の良い帽子を探してみて下さい。

帽子を忘れたときの代用品としてスポーツタオルがあります。

お母さんは赤ちゃんを抱いているので、身動きが取れない場合が多々あります。

スポーツタオルはコンパクトで落ち運びも楽です。

様々な使い道があり、困ったときに何かと助けてくれるアイテムです。

日よけ対や冷房がきつい時、首にかけるだけで違ってくるものです。

外出の際に忘れてはいけないものは、水分補給の飲み物があります。

出先で購入できない場合は、赤ちゃんとお母さんの飲み物を準備しなければいけません。

その他、赤ちゃんのオムツ替えセットや汗服タオル、おやつやおもちゃ、帽子等、大荷物になります。

赤ちゃんのお世話に夢中になっていると、自分のことがおろそかになってしまいます。

赤ちゃんのお世話をするお母さんが体調を崩してしまっては、大変です。

頑張りすぎて無理をしないようにすることも必要です。

Sponsored links

10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装のおすすめ商品

den+Anais(エイデンアンドアネイ)、モスリンコットンのスリーパーです。

通気性がよくオールシーズン使えます。

 

DENIM DUNGAREE(デニム&ダンガリー)、半袖、ブルマ、ミニバッグの3点セットです。

 

Cath Kidston(キャスキッドソン)、コットン半袖ロンパース2点セットです。

 

HAKKA BABY(ハッカベビー)、プリント生地とフリルが可愛いスタイとブルマのセットです。

 

PETIT BATEAU(プチバトー)、女の子・男の子用、伸縮性抜群の半袖ロンパース肌着3点セットです。

 

 

PETIT BATEAU(プチバトー)、男の子用、伸縮性抜群のノースリーブロンパース肌着3点セットです。