赤ちゃん4ヶ月の服はセパレートでOK?メリットやデメリットをご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 39 分です。

生後4ヶ月の赤ちゃん、生まれた頃と比べると首がすわり体もしっかりしてきます。

首がしっかりしてくると被り物のお洋服にも挑戦しやすくなります。

セパレートのお洋服はいつから着せてあげるの?

セパレート服のメリットデメリットをご紹介します。

目次

Sponsored links

4ヶ月の赤ちゃんの服はセパレートでもいい?

生後4ヶ月の赤ちゃんにセパレートのお洋服を着せてもいいのでしょうか?

赤ちゃんのお世話をするお母さんが、どのようなお洋服を赤ちゃんに着せたくで、どのようにお世話したいのかを具体的に考え、お洋服を選んでいきましょう。

赤ちゃんに着せてあげるセパレートのお洋服とはどういうものか、赤ちゃんの成長や衣替えの時期についても合わせて考えてみましょう。

セパレートのお洋服

セパレート服とは、上下が別々のお洋服のことです。大人であれば上に肌着(下着)、下はパンツをはきます。その上から季節に応じて半袖や長袖、季節に合った素材のお洋服や着用枚数を選んで着ています。

これが赤ちゃんになると、少し事情が変わってきます。赤ちゃんは、大人で言うパンツの代わりに紙オムツ等を着けています。そして肌着は、上下がつながったロンパース肌着を着用しています。

赤ちゃんにセパレートのお洋服を着せる際は見た目がセパレートなのか、肌着の段階からセパレートにするのかでセパレートの意味が違ってきます。

生後4ヶ月の赤ちゃんであれば、見た目がセパレートのお洋服の方が月齢に適している要素が多くあります。

一つ目は、単純に生後4ヶ月の赤ちゃんサイズのお洋服の種類が豊富ではないということです。

二つ目は、お股の部分までガードしてくれるロンパース肌着の方が何かと便利なことが多く実用的ということです。

ロンパース肌着

赤ちゃんがセパレートのお洋服を着る際のポイントになってくるのは、肌着です。

肌着はロンパース肌着をおすすめします。

ロンパース肌着は被るタイプのものと、前開きタイプのものがあります。前開きのロンパース肌着は、サイズが小さめのものが多い傾向にあります。

生後4ヶ月の赤ちゃんに着せてあげるロンパース肌着は、被り物と前開きのタイプと両方から選ぶことができます。

また、月齢や赤ちゃんの成長具合によっては前開きのお洋服の方が着せにくく感じる場合もあります。

赤ちゃんの成長に合わせたロンパース肌着を選んであげましょう。

被りのお洋服

実際に赤ちゃんにセパレートのお洋服を着せる際のポイントについて考えてみましょう。生後4ヶ月の赤ちゃんの体の特徴として、首がすわってくることがあげられます。

お洋服を着せる際に首がすわってくることは、大切なポイントになります。

首がすわってくると、被り物のお洋服に挑戦しやすくなってきます。首がすわらない赤ちゃんは、抱っこの時もお着替えの時も首の後ろを支えなくてはいけません。

ただ、生後4ヶ月の赤ちゃんは一人座りをすることができません。

被り物のお洋服の便利さが最大限に実感できるのは、赤ちゃんが一人座りできるようになってからになります。

被り物のお洋服をどのくらいの月齢から着せてあげるかは、赤ちゃんの月齢とその時の季節を目安に考えると余計な買い物をせずに済みます。

セパレート服にする目安

衣替えの時期が、必ずしも赤ちゃんの成長と一緒に訪れるとは限りません。赤ちゃんのお洋服を買い替える時期は、赤ちゃんの成長具合(サイズアウトの時期)と季節の境目に必要になります。

赤ちゃんの生まれた月によって、お洋服を準備するスケジュールが違ってきます。

参考までに3つの季節について、みていきます。

ご自身の場合はどうなるかを想定して、赤ちゃんのお洋服選びの参考にしていただけたらと思います。

(4月)に生まれた赤ちゃんは、春用の産着を準備します。

生後4ヶ月頃には夏になっています。赤ちゃんの成長具合や準備した産着のサイズにもよりますが、生後4ヶ月であれば標準サイズは70サイズです。

そして春生まれの赤ちゃんは、2~3ヶ月ほどすると半袖が必要になってきます。

生後3ヶ月の赤ちゃんであれば、産着を活用するか前開きのお洋服の方がお世話しやすくおすすめです。

セパレートのコーデに挑戦するのであれば、ロンパース肌着(首がすわっていないうちは前開きのものがおすすめ)にズボンやカーディガンを着せてあげるとセパレートのコーデが完成します。

(8月)に生まれた赤ちゃんは、夏用の産着を準備します。

生後4ヶ月頃には冬になっています。赤ちゃんの成長具合や準備した産着のサイズにもよりますが、生後4ヶ月であれば標準サイズは70サイズです。

夏生まれの赤ちゃんの産着は、袖の短いものや肌の露出が多いお洋服があれば、ほぼ大丈夫です。

しかし生まれて1~2ヶ月すると肌寒くなってきます。

生後4ヶ月頃には冬になります。衣替えの時期は、生後1~2ヶ月にあたります。

この時期に前開きの長袖ロンパース肌着(長袖のお洋服)を準備することになります。

ズボンやカーディガンを着せてあげるとセパレートのコーデが完成します。

(12月)に生まれた赤ちゃんは、冬用の産着を準備します。

生後4ヶ月頃には春になっています。赤ちゃんの成長具合や準備した産着のサイズにもよりますが、生後4ヶ月であれば標準サイズは70サイズです。

そうすると産着で準備したお洋服が、春にはそのまま着ることができます。

生4ヶ月頃のセパレートのお洋服を考えると、産着にズボンやカーディガンを着せてあげるとセパレートのコーデが完成します。

Sponsored links

セパレートのメリットとデメリット

セパレートのお洋服をしていると、ロンパースやカバーオールを着ている赤ちゃんよりは月齢が上に見えたり、見た目の印象も違ってきます。

セパレートのお洋服を着せてあげた場合、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

そもそも、赤ちゃんのセパレートのお洋服といっても様々です。

生後4ヶ月の赤ちゃんの場合を、具体的に考えてみていきましょう。

お腹の冷え

セパレートのお洋服、大人のように完全に上下別のお洋服を着ていた場合です。

赤ちゃんが自分で寝返りや自発的な動きをどのくらいするかにもよりますが、セパレートの場合動けばお腹が出てしまう場合があります。

赤ちゃんのお腹を冷やしてしまえば、体温も下がります。

またお腹を冷やせば、便秘になったり体調を崩してしまうことも考えられます。

生後4ヶ月の時のお洋服をその後もしばらく使用するのであれば、赤ちゃんは活発になりお腹が出てしまう要因は増してきます。

セパレートといってもロンパース肌着を着用している場合であれば、赤ちゃんが動いてもお腹が出てしまうことはありません。

オムツ替え

大人のように完全に上下別のセパレート服を着ていた場合は、大人のようにズボンを降ろすことができます。かわりに脱がせたズボンを履かせなければいけません。

大人が用をすます時のように、赤ちゃんのズボンを途中まで下げることはなかなか難しいのではないでしょうか。

赤ちゃんの月齢や、成長具合によってはズボンを履かせることが便利になるとは限りません。ロンパース肌着を着用の場合は、スナップボタンの手間が発生します。

代わりにお股のところをおさえてもらっている為、オムツを多少抑えることができます。

ロンパース肌着の上にズボンを履かせる場合は、更にズボンの着脱の手間が発生します。

4ヶ月の赤ちゃんのセパレートの服のサイズ

生後4時ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは、70サイズです。成長が早く大きめの赤ちゃんであれば、80サイズでもよいかもしれません。

袖や裾をまくってあげた状態で、赤ちゃんの活動の妨げにならないようであれば、少し大きめサイズの方が長く使用できます。

ズボン等の裾の長さが気になるお洋服は、ロールアップして履くことができるものがおすすめです。70サイズの赤ちゃんでも、半袖のお洋服を選ぶ際には少し大きめのものを選ぶと長く使用できます。

半袖のお洋服は、袖をまくる必要がありません。また、秋や冬場にお洋服の肌着としても活用できます。

生後4ヶ月の赤ちゃんであれば、ぐんぐん成長していく赤ちゃんは2~3ヶ月でサイズアウトしてしまいます。それを考えると、少し大きめのお洋服を購入することは意味が出てきます。

しかし、成長が穏やかな赤ちゃんは大き目のお洋服を準備してもそれほど意味がない場合もあります。

また生まれた月と衣替えの時期の関係で、大きめのお洋服ではなくちょうどいいお洋服のサイズを選んだ方がいい場合もあります。

お洋服のサイズを決める際には、これまでの赤ちゃんの成長具合や衣替えの季節等を考慮してサイズを決めることをおすすめします。

因みにうちの子の場合は、冬に生まれ夏がはじまる頃には被るタイプの半袖のロンパース肌着90サイズを着せていました。

一人座りができなかったためクッションなどの補助を使用してお着替えをさせたり、寝転がらせた状態で体を支えてお着替えをさせました。

被りのお洋服は着せにくいと感じる時期もありましたが、成長と共にそれなりになっていきました。

90サイズの被りのロンパース肌着は、翌年の夏も使用することができました。

上手くいったポイントは、夏で半袖だったこと、お洋服の生地がしっかりしていて翌年も使用できたこと、お洋服の生地が伸縮性があり一人座りができない赤ちゃんにも着せやすかったことです。

成長が早く大きめの赤ちゃんだったので、お洋服のサイズに自然と赤ちゃんがついてきてくれた格好になったのかもしれません。

赤ちゃんの成長はそれぞれ違います。母子手帳に記載してある成長グラフなどを参考に、赤ちゃんの成長を予測してみてください。赤ちゃんのサイズを考える参考になりますので、是非一度、確認してみましょう。

Sponsored links

4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの服

CAMPFREE (Tシャツ&ロンパース)

ベビーから大人まで!家族みんなでお揃いコーデが楽しめる商品です♪70・80サイズのよちよちベビーちゃんもお兄ちゃんやお姉ちゃんと仲良くオシャレを楽しみたい方におすすめです!!

半袖ロンパース(春・夏)

丈夫でお肌に優しいコットン素材で、部屋着でもお出かけ着でも大活躍!前開きで、着替えやおむつ替えに便利です。

半袖ロンパース(綿100%)

カラーバリュエーションが豊富なロンパース。沢山汚すので多めに持ちたい方におすすめです!

半袖ロンパース(Girls)

可愛い模様のロンパース!暑い時期も一枚で過ごせるので便利です。

Carter’s ロンパース

綿100%素材の半袖ロンパース。前開きスナップボタンでお着替えラクラクです。暑い季節に1枚でサラっと着れる可愛いロンパースとなっています。

Carter’s ロンパース(アウトレット)

Carter’sのロンパースがアウトレットに!お得にお買い物したい方はこちらから!

CAMPFREE (ARMY ロンパース)

ベビーだってかっこ良く着こなしたい! ロゴをシンプルにあしらった半袖ロンパースが大人っぽく、オススメです! Tシャツとお揃いを楽しめるので、兄弟お揃いでも着るのもおすすめです。 ベビーに嬉しいコットン100%で肌に優しいのもうれしいポイントです。

ベビーロンパース(コットン100%)

生地と作りがしっかりしていて、洗濯してもへたれにくい商品となっております。シンプルな肌着が欲しい方におすすめです。

ベビー カーディガン

カーディガンは、秋冬は必須アイテムです。こちらの商品はデザインもシンプルで、かつフライス生地なのでやわらかくて動きやそうです。しかも国内製造なので安心ですね。

Anna Nicola ベビー ベスト

ベストも一枚持っているととても便利です。さっと着せられて、動きやすいので子供も嫌がらずに着てくれます。

ベビーパンツ・レギンス

モンキーパンツでハイハイしている後ろ姿は本当にかわいいです!アンヨが始まってからも、動きやすいのでお子さんも好んで着てくれると思います。

Anna Nicola ワンポイント ベスト

ワンポイントで、かわいいデザイン!こだわりのパイル生地に、内側のタグに「お名前ネーム」も付いており、保育園等にもピッタリ!色々なシーンで利用できそうです。

NEXT ロンパース

春夏にぴったり長袖足なし・足ありのロンパースです。冬は足有り、春・秋頃は足無しで使い分けすると、より便利でしょう!前開きなのでお着替えも楽チンです。

袴ロンパース

可愛くだけじゃなく、かっこいい!男の子に一枚持っておきたい商品。これを着て、写真を残しておきましょう!

Carter’s ロンパース(Girl)

色が綺麗なロンパース。肌着として中に着ても良し。暖かい時は1枚でも良いと思います。色が合わせやすいロンパースとなっています。

Carter’s ロンパース(Girl)半袖

色も柄も可愛いロンパース。半袖で暖かかくなってきたら、肌着でも一枚だけでも使用できます。

ダブルジップ ロンパース

ダブルジップで着脱簡単!色もカラフルで可愛いくて、おしゃれです!

ラルフローレン ロンパース

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラルフローレン ベビー 出産祝い ロンパース カバーオール ベア柄
価格:5940円(税込、送料別) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラルフローレン ロンパース ベビー 出産祝い カバーオール ボーダー 長袖
価格:5610円(税込、送料別) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

ラルフローレンのロンパース!お祝い時やプレゼントでも活用できそうですね。

SENSE OF WONDER(センスオブワンダー)

森の中をイメージさせる野イチゴデザインのワンピース。レース仕立ての衿は、どことなくやさしい印象になります。ゴムをいれた裾の丸みを帯びたガーリーシルエットもポイント。素材は肌にふれてもやさしいオーガニックコットン素材です。

ベビースーツも可愛いです。オーガニック素材に野いちごプリントしたものです。ふんわりとした軽さと柔らかい肌触りで、着心地の良い人気の素材です。

PETIT BATEAU(プチバトー)

PETIT BATEAU(プチバトー)男の子用、デニムのパンツです。

PETIT BATEAU(プチバトー)女の子用

MIKIHOUSE(ミキハウス)

MIKIHOUSE(ミキハウス)Mステッチやわらかパンツ、男女兼用です。

MIKIHOUSE(ミキハウス)ロングセラー、人気の8分丈パンツです。

男の子、女の子のどちらでも着れるボーダーシャツ。柔らかな天竺素材で、さらっとして着やすさ抜群!薄手のロンTなので、色々なシーンで着まわせてとっても便利です。

hakka baby(ハッカベビー)

hakka baby(ハッカベビー)、プリントが可愛い半袖ロンパース2枚セットです。

左胸に施したイチゴ刺繍がCUTEなポイントになったタンクトップ。ヒラヒラの裾フリル、柄アイテムとも好相性で、いろんなコーディネートを楽しめそうなタンクトップです。

  サッカー日本代表 ロンパース

サッカー好きの旦那様、奥様に大人気!子供に夢を託しましょう!ピンクもあり、女の子にもおすすめです。

アロハシャツ  ロンパース

気分が南国!とてもおしゃれで、夏にピッタリですね!

 Annna Nicola 水玉ロンパース

水玉模様が可愛いロンパース。黒よりの模様の為、汚れが目立たなくおすすめです。

 フォーマル ロンパース

外出用におすすめロンパース。女の子用もありますので、要チェックです。

カラフル ロンパース

カラフルなクッキーが散りばめられたロンパース。色合いが可愛いですね!

着ぐるみクマ! ロンパース

まるでクマのぬいぐるみのような防寒着です。カラーバリエーションは4つになっています。後姿が可愛くて思わず抱きしめてしまいそうなくらい可愛いアイテムになっています。フードにクマの耳がついていてとても可愛いです。このアイテムは冬におすすめのアイテムになっています。寒い冬の風から赤ちゃんを可愛く守ってくるでしょう。

Kukka ja puu スリーパー

生後5ヶ月の時は股下のボタンを留めてあげればしっかりと防寒対策になります。寝返りをしてもお腹や背中を冷やす心配がないスリーパーです。洗濯機で簡単に洗えるのも嬉しいポイントです。ロゴはちくちくあたらないように外側についてさりげなく配慮されています。最高レベルの生地でできているとともにボタンの部分は、金属アレルギーの心配がいりません。寝る時はもちろんですが、寝起きのちょっと冷える時に着せておいても安心です。

Anna Nicola スリーパー

長袖ですっぽりと体を包んでくれるスリーパーです。寝る時はもちろんですが、冬の寒い時期には部屋着をしても着せてあげてもいいでしょう。洗濯機でも洗濯可能なのでこまめに洗って清潔な服を着せてあげることができます。肌触りがよく滑らかでふかふかとして柔らかい素材でできています。保温力に優れたマイクロフリースで暖かさを逃がしません。めくれ上がり防止のために裾にスナップのボタンを採用されています。睡眠中に動きまわる活発な赤ちゃんでも夜に冷えてしまう心配がいりません。睡眠中に着せるのももちろんおすすめですが、部屋着として冬の寒い時期に着せておくのもいいでしょう。暖かく冬を過ごすことができます。