生後6ヶ月の服装のセパレートのおすすめをご紹介!着せる時のポイントは?

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

赤ちゃんの洋服と言えば上下がつながったロンパースやカバーオールを連想する方が多いのではないでしょうか。

一方セパレートとは上下がつながっていない服装のことをいいます。

セパレートを着ると一気に赤ちゃんから子供になったようでこれまた可愛い服装です。

それでは、生後6ヶ月からセパレートの服装はありなのでしょうか。

今回は生後6ヶ月の服装にセパレートを選んでも大丈夫なのか、セパレートを選ぶメリット、おすすめのセパレートについて詳しくご説明していきましょう。

また、生後6ヶ月の服装でセパレートを着せる場合の肌着についても詳しく解説していきます。

広告

生後6ヶ月の服装にセパレートを選んでも大丈夫?

生後6ヶ月となると赤ちゃんはお座りができるようになって早い赤ちゃんならハイハイをしている頃でしょう。

この頃の赤ちゃんは動きもネンネの時期と比べると活発になってきます。

そのため、動きやすく着せやすい服装選びがポイントになってきます。

では、そんな生後6ヶ月の赤ちゃんにセパレートを選んでも大丈夫なのでしょうか。

答えは大丈夫です。

生後6ヶ月であってもセパレートを着せても大丈夫なのです。

その目安として「首の座り」があります。

首がしっかりとしてお座りもできるようになったのであれば何の問題もありません。

広告

生後6ヶ月の服装をセパレートにするメリット

生後6ヶ月の赤ちゃんはお座りやハイハイなど動きが活発になってきます。

生後6ヶ月の服装をセパレートにするメリットは「着替えさせやすい」「汚れても大丈夫」「おしゃれ」「動きやすい」というメリットがあります。

着替えさせやすい

なんと言っても着替えさせやすいのがセパレートのメリットになるでしょう。

ロンパースは着替えるのに結構手間がかかります。

股下のボタンを外して、またつけてとかなりの手間です。

動きが活発になってくる生後6ヶ月ともなればそんなにじっとしていてはくれません。

ボタンをつける暇なく遊びに行ってしまう赤ちゃんも少なくありません。

セパレートであれば、オムツを替えるときもわざわざ寝転ばせる必要もない場合もあります。

タッチしてご機嫌な間にズボンだけ下ろしてオムツを換えることもできます。

汚れても大丈夫

生後6ヶ月ともなれば服を汚してしまうことも多くなってきます。

ロンパースであれば足元を汚してしまったら全て着替えさせる必要があります。

しかし、セパレートであればその必要がありません。

足元だけならズボンだけ着替えさせたらいいのでかなり楽です。

また、食事の後は上の服が汚れてしまうこともあります。

そんな場合もセパレートであればサッと上の服だけ着替えさせてあげられます。

生後6ヶ月の赤ちゃんは着替えの回数も多くなってくるので着替えさせやすいかは重要です。

おしゃれ

セパレートならおしゃれのバリエーションも豊富になります。

今でチャレンジしていなかったような服装でおしゃれに着こなすこともできるのでセパレートのメリットになります。

ズボンとトップスに変化を楽しんでもいいですし、女の子であればスカートコーデもできます。

一気に女の子と男の子とでおしゃれも違ってくることでしょう。

動きやすい

赤ちゃんにとってもセパレートは嬉しいメリットがあります。

それは動きやすいことです。

ロンパースはどうしても動きに制限がかかってしまうアイテムでもあります。

生後6ヶ月にもなると好奇心旺盛に色々な物をめがけて動きたい時期でもあります。

その動き回ることでその後の発達にも大きな影響を与える大切な時期でもあります。

セパレートなら上下が離れているので大変動きやすいメリットがあります。

セパレートで思いっきり動きやすくしてあげることも大切でしょう。

生後6ヶ月の服装のセパレートのおすすめ

オーガニックコットン ヤクウール パンツ

肌が敏感な赤ちゃんに嬉しいオーガニックコットンでできた暖かいヤクウールのパンツです。

長い丈なので秋から冬にかけて重宝します。

お肌に当たる部分には安心のオーガニックコットンを使用しているので安心です。

ズボンの裾を折り曲げれば70センチから90センチまで対応できるので成長が早い赤ちゃんにおすすめです。

オムツの可愛いおしりもしっかりとカバーしてくれるたっぷり股下になっています。

生後6ヶ月から2歳半くらいまで使えるアイテムなので1本あれば長い期間使うことができて経済的です。

男女問わず履けるのも魅力的です。

シンプルなので色々なトップスとあわせるのも楽しいですね。

ベルメゾン セパレート パジャマ

セパレートのパジャマです。

カットソーは肌に優しい綿100パーセントになっています。

スムース素材で肌に優しい肌触りです。

パンツとトップスの部分がサイドボタンでずれを防ぎます。

動き回る赤ちゃんのお腹が出てしまうのを防いでくれます。

80センチと90センチには肩スナップがついていて着せやすく脱がしやすくなっています。

夜寝る時はセパレートでもできればお腹が見えてしまうのを防ぐセパレートのパジャマがおすすめです。

Anna Nicola 甚平

夏のお祭りでも甚平なら着せやすいのでおすすめです。

動きやすさもあるので赤ちゃんも可愛く喜んでくれることでしょう。

もちろんお祭りでもおすすめですが、夏の暑い時期ならお風呂上りに着ても涼しくておすすめです。

涼しい生地に加えて、通気性もいいので甚平は夏にピッタリです。

ストレッチパンツ

大変履きやすく履かせるのも簡単です。

楽天でも1位になった優秀なアイテムです。

女の子にはレギンスとして履いても可愛いでしょう。

もちろん男の子でもカラーバリエーション豊富なので格好よく決めることができます。

ストレッチが非常に効いているので生後6ヶ月で動きたい盛りの赤ちゃんにぴったりです。

伸縮性が優れているので大きくなった子供達も「履きやすい!」とリピートする人がたくさんいます。

また、吸水性にも優れているので汗をかいても安心です。

さらに足長効果も発揮するのでおしゃれなキッズに変身できるでしょう。

股下を深くした設計で下着が見えてしまうのを防いでくれます。

この優秀さでこの値段と楽天1位もうなずける商品です。

ストレッチスカッツ

スカートにストレッチパンツがくっついたスカッツです。

カラーバリエーションが豊富でおしゃれを楽しむことができます。

ママの気持ちに答えた商品として「通園に使っている。」「おしゃれに決まる。」「季節を選ばない。」と高い支持を得ています。

伸縮性のいい生地を採用しているので、大変着脱がしやすいのが特徴です。

天然素材のコットンで出来ているので肌のデリケートな赤ちゃんにも安心。

吸水性にも優れていて汗はしっかりと吸い取ってくれます。

股下を深く設計しているので、下着が見えてしまう心配がありません。

生後6ヶ月の動きが活発になる時期に大変おすすめです。

丈も豊富なので赤ちゃんに合わせて購入することができます。

広告

生後6ヶ月の服装でセパレートを着せる時は肌着はどうする?

それでは、生後6ヶ月でセパレートを着せる時の肌着についてご説明していきましょう。

セパレートで心配なのがなんといってもお腹が出てしまうことです。

また、公園でしゃがんでいるのを見ていると背中が見えてしまっている赤ちゃんもいます。

ロンパースならお腹も背中もしっかりと1枚でつながっているので安心なのですが、セパレートではそうはいきません。

セパレートを着せる場合は下着に注意しましょう。

下着を選ぶ場合はロンパースタイプの物を選ぶようにして下さい。

下着がロンパースタイプであれば、活発に動き回る赤ちゃんであってもお腹や背中が見えてしまう心配がありません。

股下にボタンがついていてしっかりとガードしてくれます。

お腹や背中ででてしまうと体全体を冷やしてしまうことになります。

セパレートではどうしてもお腹や背中が出てしまうので下着でフォローするようにしましょう。