【バースコンサルタント・専門家監修】室温が20度のとき赤ちゃんの布団はどうする?何枚かぶせればいいの?

この記事を読むのに要する時間: 2

赤ちゃんのお布団、どんなものが適しているのか、迷いますよね。気温差の激しい日本では、季節によって調整してあげないと赤ちゃんも快適に眠れません。

どんなものを揃えておくと安心なのかご紹介したいと思います。

目次
広告

赤ちゃんは暑がっている?寒がっている?

赤ちゃんは言葉を話せないので、暑がっているのかな?それとも寒がっているのかな?と判断するのはなかなか難しいですよね。

汗をかいていたら暑がってますし、手足が冷たくなっていたら寒がっているのでしょうが、そうなるまえに気づいてあげたいですよね。

赤ちゃんの体温は平均すると36.5~37.5度です。

大人より1度ほど高いので、着せすぎるとすぐに汗をかいてしまいます。背中や後頭部など、気づいたら汗で湿っていた、なんてことは結構あります。

大人はついつい、赤ちゃんが寒いとかわいそう、と思ってたくさんお布団をかけてしまいがちですが、赤ちゃんに適した寝具を選んであげましょう。

広告

室温が20度のときの赤ちゃんの布団のかぶせ方

室温が20度の時は、赤ちゃんにとっても暑すぎず寒すぎず、快適な室温だと思います。

敷布団に綿のシーツ、掛け布団一枚で十分だと思います。大人の感覚より、一枚少ないぐらいでも大丈夫です。気になるようなら、薄いバスタオルやタオルケットを中に足してあげてもいいと思います。

赤ちゃんにとって、お布団は結構重たいものですので、子供用の軽めのお布団を選んであげてください。敷布団は、寝返りしやすいように硬めのもの、掛け布団は軽めのものが良いそうです。

また、おもらしや吐いたりした時の対策として、シーツの下に防水シーツを間に挟んでおくことをおすすめします。

夜中にオムツ交換に失敗したり、おっぱいを少し吐いてしまって汚れた時も、防水シーツがあれば敷布団を汚さないですむので安心です。防水シーツは、少し大きくなってからも、おねしょ対策や風邪をひいて嘔吐を繰り返す時などにも使えるので、重宝しますよ。

赤ちゃんが眠るのに適した室温

赤ちゃんが眠るときに適した室温は、20~25度前後と言われています

夏はエアコンを使って温度調節をしてあげてください。夏はエアコンの設定温度を25-26度ぐらいにして、赤ちゃんにはうす掛けのタオルケットをかけるぐらいが丁度が良いかもしれません。

おくるみのような大判のガーゼタイプのものも、肌触りもよくすぐに乾くのでおすすめです。

冬はエアコンの風がや空気が気になったのでオイルヒーターで設定温度を20度ぐらいにして、うす掛けに掛け布団一枚でも良いでしょう。エアコンをかける場合は、加湿器や空気清浄器をつけるなど、乾燥のしすぎに気を付けてください。

赤ちゃんが寝るときの布団の種類と組み合わせ

基本的には、敷布団とタオルケット(又はバスタオル)、毛布、掛け布団、の4セットを準備しておけばよいと思います。

上にかけるのは、夏はタオルケットやバスタオルで十分です。子供は暑がりでよく動くので、お腹にバスタオルを乗せておくぐらいでも大丈夫でしょう。

春や夏は、タオルケットの上に掛け布団をかけてあげてください。冬は、タオルケット+毛布+掛け布団で十分です。

毛布も掛け布団も重たくないものを選んであげてください。

冬はつい、たくさんお布団をかけてあげたくなりますが、赤ちゃんが汗をかいて逆に冷えてしまうこともあります。暑くて夜泣きしてしまうことだってあると思いますので、お布団のかけすぎには注意です。

それよりも室内の温度を10度以下にしない工夫をしてあげてください。

また、お布団の素材についてですが、ポリエステルなどの化繊ではなく、できるだけ天然素材のものを選んであげましょう。敷布団、掛け布団なら綿のものを、毛布は羊毛などを選びましょう。

汗かきの赤ちゃんには吸水性のあるお布団の素材が適しているそうです。

毎日お布団を干すのは大変ですので、よい寝具を選んであげることで、赤ちゃんを気持ちよく寝かせてあげましょう。

赤ちゃん・キッズのおすすめ寝具

おなかけっと

国内で丁寧に織り上げた6重ガーゼはさらっとふわふわで気持ち良い!朝晩の気温変動が激しい時やお腹が冷えないようにしたい時におすすめです。ふわふわで大人も使いたくなる商品です。

5重ガーゼケット(無添加ガーゼ)

無添加ガーゼ層が保温し、寝汗で蒸れにくい商品。 5枚重ねのガーゼケットが快眠を促します。

寝具3点セットを選びたい方はこちらから!(ガーゼケット・シーツ・枕カバー)

Faeska コンパクトベッド

マンション住まいや旅行や帰省など様々なシーンを想定して開発されたファルスカのコンパクトベッド。折りたたみ、どこにでも持ち運べるベビーベッドです。掛け布団もセットになったオールシーズンタイプで、持ち運びも便利。リビングで赤ちゃんを見ていたい時など、状況に応じて臨機応変に対応できる商品です。

お昼寝お布団セット(西川)

丸洗いできるので汚れても安心!様々なキャラクターも選べるので、子供も大喜びです。ぐっすりお昼寝しましょう。

ベビープレイマット

赤ちゃんが寝返りしやすく、お母さんも添寝をしながら寝かしつけれます。通常のベビー敷きふとんのサイズよりも横が50cm大きい作りになっています。寝返りをしやすいようにワイドに120cmあるので赤ちゃんのお昼寝やプレイマットとしても自由に遊べます。

またプレイマットだけでなく、添寝マットレスにも使える万能型の正方形マットレスです。しっかりとした厚みがあるので、お昼寝はもちろん就寝用にも使用可能です。

アルファベットの両面使えるかわいいプレイマット。ふわふわ快適!赤ちゃんにもやさしいマットです。
やわらかマットで衝撃を吸収し、お手入れは拭くだけ!継ぎ目がないので汚れが溜まりません。また、1枚で軽く移動もラクラクです。両面なので、部屋や気分にあわせて変えられるので、オススメです。

おしゃれ「お昼寝布団セット」

全部洗える布団セット!撥水加工バッグ、お名前タグ(アイロンネーム)付きで保育園にも便利です。布団の質感も申し分なく、シーツも裏表わかりやすい商品。

 おねしょシーツ

ベビー布団、お昼寝布団用の防水シーツ。おもらしや汗や汚れからお布団を守ります。通気性に優れむれづらくなっています。保育園や幼稚園でお使いの布団にも最適です。

赤ちゃんが寝るときのおすすめの服装

赤ちゃんが寝るときの服装は、季節によって調節してあげましょう。春や秋は、肌着の上に長袖のロンパースで十分だと思います。つなぎのロンパースは動いてもお腹が冷えないですし、足までしっかりカバーしてくれます。上下のわかれたパジャマを着用させる場合は、腹巻つきズボンがおすすめです。

ミルク柄腹巻付きパジャマ

コットン100%のやさしい肌ざわり!人気のミルク柄腹巻付きパジャマ。

おしゃれパジャマ

思わずキュンとしちゃうママも嬉しい可愛いデザイン。猫柄は裾のフリルがが素敵ポイントです。月柄・恐竜パジャマもおしゃれでおすすめです。

ワンポイント ベスト

ワンポイントで、かわいいデザイン!こだわり生地で、保育園等にもピッタリ!色々なシーンで利用できそうです。

オーガニックコットン ベスト

肌が敏感な赤ちゃんにオススメのオーガニックコットン素材。少し寒いかなという時に着せやすいので、便利です。おもちゃに集中している時でも、サっと着せられて便利です。やわらか素材で動きやすいでしょう。

NEXT ロンパース

春夏にぴったり長袖足なし・足ありのロンパースです。冬は足有り、春・秋頃は足無しで使い分けすると、より便利でしょう!前開きなのでお着替えも楽チンです。

カバーオール(柄物)

長袖ロンパース、春・秋は1枚でも着れますし、冬は肌着としても活躍できます。

Carter’s ロンパース

色が綺麗なロンパース。肌着として中に着ても良し。暖かい時は1枚でも良いと思います。色が合わせやすいロンパースとなっています。

ジップアップ ロンパース

ジップアップで着脱簡単!色もカラフルで可愛いくて、おしゃれです!

ラルフローレン ロンパース

ラルフローレンのロンパース!お祝い時やプレゼントでも活用できそうですね。

サッカー日本代表 ロンパース

サッカー好きの旦那様、奥様に大人気!子供に夢を託しましょう!ピンクもあり、女の子にもおすすめです。

うさぎ・くまさん ロンパース

可愛いうさぎ、くまのロンパース!着るだけで可愛いロンパースなので、おすすめです。

ベビーパンツ・レギンス

モンキーパンツでハイハイしている後ろ姿は本当にかわいいです!アンヨが始まってからも、動きやすいのでお子さんも好んで着てくれると思います。

冬のおすすめ「トップス」「トレーナー」

春・秋にも便利!便利で履きやすい「パンツ・レギンス」

冬や春・秋の肌寒い時期に!おすすめのスリーパー

スリーパー タオル&ガーゼ

こちらのスリーパーは内側がガーゼ素材で、綿100%で日本製なので安心です。綿は通気性がよいのでムレないですし、オールシーズン使える素材だと思います。シンプルなデザインなので、長く着れそうですね。

ガーゼ スリーパー

6重ガーゼのスリーパーです。やわらかく、着心地もよさそうですね。両サイドと肩のスナップボタンでとめるタイプなので、ねんねの頃の赤ちゃんに着せやすくて便利だと思います。柄もとてもかわいいです!

はぐまむ ベビースリーパー

 

 
kukka ja puu フリーススリーパー

 

Anna Nicola フリース スリーパー

長袖ですっぽりと体を包んでくれるスリーパーです。寝る時はもちろんですが、冬の寒い時期には部屋着をしても着せてあげてもいいでしょう。洗濯機でも洗濯可能なのでこまめに洗って清潔な服を着せてあげることができます。肌触りがよく滑らかでふかふかとして柔らかい素材でできています。保温力に優れたマイクロフリースで暖かさを逃がしません。めくれ上がり防止のために裾にスナップのボタンを採用されています。睡眠中に動きまわる活発な赤ちゃんでも夜に冷えてしまう心配がいりません。睡眠中に着せるのももちろんおすすめですが、部屋着として冬の寒い時期に着せておくのもいいでしょう。

こちらのおすすめアウター・スリーパーもチェック!

広告

バースコンサルタント・専門家からのコメント

古市 菜緒(Nao Furuichi)

『経歴』

1万件以上のお産に携わってきた助産師。産前・産後セミナー講師として5000人以上の方々へ講演。世界でも助産師のレベルが高いニュージーランドとオーストラリアでの2年の海外生活を経て、帰国後バースコンサルタントとして独立。現在は主に35歳以上の高齢出産の方々を妊娠期からサポートする活動に従事。

『保有資格』

  • 助産師
  • 保健師
  • 看護師

監修者一覧

コメント

赤ちゃんに快適な室温は、その家の作りや赤ちゃんが寝ている場所によっても異なるため調節が難しいと感じる方は多くいらっしゃいます。

赤ちゃんは冷えすぎも温めすぎもよくなく、その見分け方として赤ちゃんの足の温度をみる方法があります。ここでいう足とは足首より下のことを指します。

この足が「すごく熱い」または「ひんやり冷たい」と感じれば、掛物や衣服の調節を行ってください。

調節後も変わらないようであれば室内温度を見直してみましょう。

赤ちゃんの手で温度をみる方がいますが、これはあてにはなりません。

というのは、赤ちゃんは手を上げる姿勢を好むため、どうしても手が冷えがちになります。手が冷えているからという判断だけで衣服や空調の調節してしまうと温めすぎの原因にもなりますので気をつつけましょう。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる