MENU
カテゴリー検索

【専門家監修】赤ちゃんは冬はスリーパーだけで大丈夫?寝るとき布団はどうする?

この記事を読むのに要する時間: 2

赤ちゃんが寝るときに着るスリーパー、ご存知ですか?

パジャマの上に着せる、ベストが長くなったようなお洋服です。寒い時期には必須アイテムなのですが、スリーパーだけ着せていれば大丈夫なのでしょうか?スリーパーを着せてたらお布団はいらないのでしょうか?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

目次

赤ちゃんは冬寝るときスリーパーだけでいい?

スリーパーは、そもそもお洋服の扱いなので、本来ならばお布団はかけてあげるべきかと思います。ただ、赤ちゃんは寝ている間にたくさん寝返りをしますし、お布団を蹴とばしてしまうことがほとんどです。

ですので、「お布団はかけてあげていたけど、朝になったらスリーパーだけになってる」という結果です。もちろん、ママが夜中に気づいたらお布団を掛けなおしてあげればよいのですが、毎回は難しいですよね。

かといって、パジャマだけでは寒くて寝冷えしてしまいそうで心配です。快適なスリーパーを着せてあげて、寒い冬を乗り越えましょう。

スリーパーのメリット

スリーパーのメリットは、赤ちゃんのお腹が冷えないということです。お腹だけでなく、肩や腰も冷えから守ってくれますし、ロングタイプであれば足まですっぽり包んでくれます。

また、個人的に思うのは、赤ちゃんにとって「スリーパーを着たら寝る」という習慣にもつながると思います。スリーパーを着せながら、「さぁこれを着て今日もゆっくり眠ろうね~」と声をかけてあげてみてください。

またヨーロッパでは、睡眠中に突然亡くなってしまう、「乳幼児突然死症候群」(SIDS)の予防にもなるといわれているそうです。赤ちゃんにお布団をかけすぎて、何かの拍子で顔にお布団がかかり、息ができなくなってしまったら大変です。

スリーパーであれば、そのような心配はないので、ヨーロッパでは新生児の時から着用させています。

スリーパーは何ヶ月ごろから着せる?

スリーパーは、新生児からも着せられます。上述したように、ヨーロッパでは新生児から着せています。ただ、新生児の頃はオムツ交換も頻繁にありますし、寝返りをするわけでもないので、おくるみやタオルケットなどで十分なのかな、とは思います。

動きが元気になってきたり、寝返りをはじめたら、スリーパーを導入してみてください。まれに、スリーパーを嫌がるお子さんもいるようですので、まだ何もわからない、3~6ケ月ぐらいのうちから着せておけば、習慣になるので嫌がることもないと思いますよ。

スリーパーの下には何を着せる?

スリーパーの下には、パジャマを着せてあげれば十分だと思います。

  • スリーパー口コミ:うちの子供には1歳ぐらいまではロンパースタイプのパジャマをきせていました。1歳を過ぎたころから上下のわかれたパジャマを着せていましたが、上にスリーパーを着せるのでお腹がでてしまう心配がなかったので安心でした。

スリーパーを着せるのであれば、冬のパジャマは厚手のものは避けた方がよいと思います。モコモコになってしまいますし、中で熱がこもってしまうかもしれません。

綿素材の通気性のよさそうなパジャマがオススメです。

スリーパーの選び方

スリーパーにはたくさんの種類があります。

まずは素材について。1歳未満のお子さんに使うなら、できればオーガニックコットンやガーゼなど、綿素材のお肌に優しいものがよいと思います。

1歳を超えた頃、サイズアップする際には、フリース素材やマイクロファイバーのものでも扱いやすくてよいと思います。形も様々な種類がありますが、歩き出す前までは、足まですっぽり隠れる長さのものだと安心です。歩きだすようになったら、足首ぐらいまでのもののほうが動きやすくてよいでしょう。

大きめのものを買っておくと、3歳ぐらいにはベストのような感じで着れるので、長く使えますよ。

おすすめのスリーパー

スリーパー タオル&ガーゼ

こちらのスリーパーは内側がガーゼ素材で、綿100%で日本製なので安心です。綿は通気性がよいのでムレないですし、オールシーズン使える素材だと思います。シンプルなデザインなので、長く着れそうですね。

ガーゼ スリーパー

6重ガーゼのスリーパーです。やわらかく、着心地もよさそうですね。両サイドと肩のスナップボタンでとめるタイプなので、ねんねの頃の赤ちゃんに着せやすくて便利だと思います。柄もとてもかわいいです!

はぐまむ ベビースリーパー

kukka ja puu フリーススリーパー

Anna Nicola フリース スリーパー

長袖ですっぽりと体を包んでくれるスリーパーです。寝る時はもちろんですが、冬の寒い時期には部屋着をしても着せてあげてもいいでしょう。洗濯機でも洗濯可能なのでこまめに洗って清潔な服を着せてあげることができます。肌触りがよく滑らかでふかふかとして柔らかい素材でできています。保温力に優れたマイクロフリースで暖かさを逃がしません。めくれ上がり防止のために裾にスナップのボタンを採用されています。睡眠中に動きまわる活発な赤ちゃんでも夜に冷えてしまう心配がいりません。睡眠中に着せるのももちろんおすすめですが、部屋着として冬の寒い時期に着せておくのもいいでしょう。

こちらのおすすめスリーパーもチェック!

専門家からのコメント

加藤 理亜(Ria Kato)

保育士資格の他に、ベビーマッサージインストラクターベビーヨガインストラクター食育インストラクターの資格を所有。現在はこれらの経験を活かし、主に保育に関連した記事を執筆するライター業務を行っている。

『保有資格』

コメント

赤ちゃんはこちらが予想するよりずっと寝ている間に寝返りを打ったりと、寝ている間に大きく体を動かします。

見るたびに布団がかぶっていないから、気になって夜中に何回も赤ちゃんに布団をかけるため熟睡できなかったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが寝ている間に冷えてしまって風邪をひいちゃうのも心配ですが、そんな日々が続いては保護者の方の体力が持たなくなってしまいます。

冬場の赤ちゃんの寝具は、布団を剥いでしまうことを前提として、お腹を冷やさないためにスリーパーを着せてあげれば大丈夫です。

少し動けるようになってスリーパーを身動きが取りづらく思い嫌がるようなら、腹巻きタイプのパジャマなどもおすすめです。寝ている間にお腹が丸出しになっていないようにだけ気を付けてあげましょう。そして、布団をかぶらず、スリーパーなどだけでも風邪をひかない室温や湿度の環境に整えてあげると安心ですよ。

■Sponsored links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次