生後5ヶ月の男の子の服装の着せ方のポイント!おすすめの可愛い服もご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分です。

生後5ヶ月の男の子の赤ちゃんがいる方にとって季節によってどんな服装をしたらいいのか迷うことがあります。

「どれくらい着せたらいいのかな?」「寝る時はどんな服装がいいのかな?」と思うあなたに分かりやすくご説明していきましょう。

季節によって生後5ヶ月の男の子の赤ちゃんに着させてあげたい服装のポイントについて詳しくご紹介していきます。

寝るときや外出時や普段室内で過ごす服装についても具体的にどんな服装がいいのかご紹介していくので、これを読めばそれぞれの季節にあった服装ができます。

おすすめのかわいい服もご紹介するので最後まで読んでみて下さい。

Sponsored links

生後5ヶ月の男の子の服のサイズ

生後5ヶ月の男の子の服のサイズは70センチが標準と言われています。

この頃の赤ちゃんは寝返りができるようになったり、首もしっかりとしてきて成長を嬉しく感じる時期です。

70センチもすぐに卒業してしまう可能性もあるので大きめサイズを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんの動きを邪魔しないようなサイズの服を選んであげるようにしましょう。

Sponsored links

生後5ヶ月の男の子の服装〜春〜

生後5ヶ月の男の子の春の服装として、短肌着にロンパースがおすすめです。

寝返りを何回もチャレンジするのでお腹が出てしまうことがあります。

動きも活発になってくるので、お腹や背中がでないようなつなぎの服がいいでしょう。

春になって暖かくなってきても「寒いな。」という寒暖差の激しい季節でもあります。

カーディガンなどで調整してあげましょう。

外出先に持っていったり、部屋でも寒いと感じたら着せてあげると調節ができます。

室内の服装や肌着のポイント

春の生後5ヶ月の男の子の服装や肌着のポイントとして、お腹が見えてしまわないような服装や肌着を選んであげましょう。

寝返りの時期はころころと動き回って服がはだけてしまうことがあります。

つなぎタイプの肌着やロンパースであればお腹が出る心配がありません。

もちろん首が座ったのであればロンパースでなくても上下がつながっていない服でも楽しむことができます。

下着はつながった下着を選ぶようにすればアウターは別でも問題ありません。

室内では春の暖かい陽気を楽しむことができるでしょう。

春といっても朝方はまだ冷え込むこともあります。

冷え込むのであれば、お布団からなかなか出れないこともあるでしょう。

そんな時に簡単に羽織れる服やスリーパーのような服が重宝してくれます。

外出時の服装のポイント

生後5ヶ月の男の子の赤ちゃんの外出時の服装のポイントとして着脱がしやすいことを考えて着せてあげましょう。

春といっても暑いくらいの日や寒いときもあります。

大人でも調節が難しい時期でもあるので、ベストやパーカー、カーディガンなどで調整してあげます。

簡単に着脱できる服を選んであげると「寒いな。」と感じたら着せてあげられるのでおすすめです。

軽量のアイテムがいいでしょう。

軽量のアイテムならかばんに入れておけばいつでも着せてあげることができるのでいいでしょう。

着替えと一緒にカーディガンなどを入れておくと便利です。

寝る時の服装や布団のポイント

生後5ヶ月の男の子の赤ちゃんの寝る時の服装のポイントは、寝ている時でも寝返りをして布団から出てしまったり、動いてしまうことも考えられます。

夜中はまだ冷え込むからといって着せすぎでは返って暑がってよく眠れません。

短肌着に長袖のロンパースがおすすめです。

布団はあまりにも分厚い布団だと暑くても蹴ることができません。

毛布とタオルケットで調整してあげましょう。

赤ちゃんが寝ている時に掛け布団を蹴っているのであれば暑い証拠です。

お腹の部分に少し布団をかけてあげる程度でも大丈夫です。

寒そうにうずくまっているのであれば、毛布を足してあげましょう。

生後5ヶ月の男の子の服装〜夏〜

生後5ヶ月の男の子の服装の夏は、暑い季節にぴったりの風通しのいい涼しい服装にしてあげましょう。

汗をかいてもすぐに乾く素材やサラッとしている素材の服で涼しく過ごしましょう。

しかし、大人でもきつい夏です。

エアコンを上手に使って長時間屋外で過ごすのは熱中症などのリスクを考えておきましょう。

また、夏は熱中症のリスクとともに日焼けや虫刺されなどのトラブルもあります。

汗もなどの皮膚トラブルにならないように小まめに着替えさせたり、直射日光を避けてあげるなどの対策をとっていきましょう。

室内の服装や肌着のポイント

夏の服装は涼しいものを選んであげましょう。

半袖に半ズボンがおすすめです。

下着を着せるのであれば薄くて吸湿性の優れた下着を着せてあげましょう。

薄い服を小まめに変えてあげる方法もあります。

涼しく快適に過ごせる服装にしてあげましょう。

室内といっても熱中症は起こります。

エアコンを上手に使って涼しくしてあげましょう。

エアコンの風が赤ちゃんに直接かからないように注意して冷えてしまわないようにします。

また、肌着は汗を吸ってくれるので小まめに取り替えてあげましょう。

外出時の服装のポイント

暑い夏の外出は大人でも注意が必要です。

赤ちゃんは風通しのよい涼しい服装にしてあげましょう。

日焼けのリスクも考えられるので長時間肌を太陽の日にさらすのは注意が必要です。

帽子や日傘などで紫外線対策もしていきます。

長時間外で過ごすことは危険でもあります。

短時間であっても日に当たる時間があるのであれば対策をしておきましょう。

外出して部屋に入るとエアコンが効きすぎている場合もあるので、何か羽織るものを持ち歩くのも大切です。

寝る時の服装や布団のポイント

夏の暑い日は寝苦しく何回も起きてしまう赤ちゃんも少なくありません。

寝る時は涼しい服装にしてあげましょう。

布団を蹴ってしまってなかなかかけてくれない赤ちゃんもいます。

それは暑いという証拠なので無理に布団をかける必要はありません。

薄い掛け布団をお腹にかけてあげましょう。

生後5ヶ月の男の子の服装〜秋〜

生後5ヶ月の男の子の秋の服装は、春と同様に寒暖差に注意してあげましょう。

まだまだ暑さが残っていて、夏の服装にしていると夜は冷え込むことがあります。

ベストやカーディガンなどでサッと対応してあげましょう。

秋は赤ちゃんにとっても過ごしやすく動きたい時期でもあります。

お出かけは楽しい時間になることでしょうし、防寒着を持っておでかけしましょう。

防寒着としては軽量のものがおすすめです。

着替えに防寒着にとなるとかばんがパンパンにならないようかさばらない防寒着を選びましょう。

室内の服装や肌着のポイント

生後5ヶ月の赤ちゃんは室内で過ごす服装は、長袖の肌着に長袖のロンパースがおすすめです。

寝返りとした時にお腹が出てしまわないようにつなぎタイプの物なら安心でしょう。

首がしっかりと座ってきたのであれば上下つながっていなくても大丈夫です。

下着はつなぎにしてあげるとお腹を冷やす心配がないのでおすすめになります。

「少し寒いかな?」と感じたらカーディガンなどで調節してあげます。

室内で過ごす場合は、大人の1枚少ないくらいが調度いいと言われています。

赤ちゃんはよく動くので大人に比べると暑さを感じることの方が多いのです。

ですので、ちょっと寒いかなというくらいの服装で調度よかったりする場合が多いと考えられます。

外出時の服装のポイント

生後5ヶ月の赤ちゃんとの外出も楽しい時期です。

秋は暑い日や寒い日の寒暖の差が激しくもなってきます。

寒さ対策としてウインドブレーカーやベストなどを用意して外出するようにしましょう。

ここで注意してもらいたいのが足元です。

足が出てしまっていると冷えてしまう原因になってしまいます。

レッグウォーマーなどで防寒してあげましょう。

また、長ズボンを履かせてあげる場合寝返りを打って裾がねくれあがってしまう可能性のあります。

伸縮性の優れたズボンを履かせてあげると足が出てしまうのを防いであげることができるのです。

寝る時の服装や布団のポイント

生後5ヶ月の寝る時の服装ポイントはお腹が出てしまわないことです。

寝ている時にも寝返りとうって布団から出てしまうこともあります。

つなぎのロンパースの長袖を着せてあげましょう。

まだまだ暑い日もあるでしょうから半袖でも大丈夫な日もあります。

そんな日はお布団で調節してあげましょう。

寒そうにうずくまるようにねているのであれば、毛布とタオルケットで調節してあげます。

暑くて掛け布団を蹴っていたり、布団から出てしまっている場合は暑い証拠になります。

無理に着せすぎる必要もありません。

また、寝る時に冷えるとかわいそうだと靴下を履かせることはおすすめできません。

赤ちゃんは手足から熱を発散しています。

靴下を履かせると熱が発散できませんし、体を冷やしてしまうことにもなりかねません。

大人が「少し寒いかな?」と思うくらいで調度いい場合もあります。

スヤスヤと気持ちよさそうに眠っているのであれば安心です。

生後5ヶ月の男の子の服装〜冬〜

生後5ヶ月の男の子の冬の服装は暖かく、そして着せすぎに注意して選ぶようにしてあげましょう。

赤ちゃんにとっては寒い冬は初めての経験でしょう。

寒くて風邪とひかせてしまうことがないように暖かい服装を選んでいきます。

室内の服装や肌着のポイント

室内は暖かいというご家庭も少なくないでしょう。

赤ちゃんが快適に過ごすことができる温度は20度から25度が快適な温度であると言われています。

暖房設備が整っているのであれば、そこまで服装を着込ませる必要はありません。

赤ちゃんは全身で寝返りをするので暑くなっていることもあります。

室内では長袖のロンパースと肌着を着せてあげましょう。

もう1つポイントが靴下を履かせないようにしましょう。

赤ちゃんは手足で熱を発散しています。

靴下を履かせてしまうと熱が逃げにくくなって、体が冷えてしまう原因になります。

また、この頃の赤ちゃんは足の感覚が鋭いとも言われています。

室内では靴下は脱がしてのびのびと歩けるようにしてあげましょう。

外出時の服装のポイント

生後5ヶ月の赤ちゃんの外出時の服装のポイントとして防寒対策が必要になってきます。

手足もすっぽりとかくれるようなジャンプスーツであれば安心です。

外出から部屋の中に入ったらすぐに脱がせてあげましょう。

そのまま室内で過ごすと汗びっしょりになりかねません。

また、マフラーや帽子なども部屋の中ではとって上げて動きやすいようにしてあげましょう。

寒いからといって防寒対策を万全にしてしまって汗をかいて冷やすのはいけません。

暑すぎてはいないか時々赤ちゃんの背中に手を入れて確認してあげましょう。

汗でじっとりしているのであれば着せすぎです。

涼しい服装にして着せすぎないように注意しましょう。

寝る時の服装や布団のポイント

生後5ヶ月の赤ちゃんの寝る時は、長袖のロンパースに長袖の肌着がいいでしょう。

冬はスリーパーなどで暖かくして寝かせてあげましょう。

お布団を冬でも蹴ってしまうことがあります。

これは暑い証拠でもあります。

分厚い布団で「暖かくしてあげよう。」と思っても暑くて蹴ることが出来ずに辛い思いをする場合もあります。

軽い布団を選んであげるようにしましょう。

Sponsored links

生後5ヶ月の男の子におすすめの服

着ぐるみクマ! ロンパース

まるでクマのぬいぐるみのような防寒着です。

カラーバリエーションは4つになっています。

後姿が可愛くて思わず抱きしめてしまいそうなくらい可愛いアイテムになっています。

フードにクマの耳がついていてとても可愛いです。

このアイテムは冬におすすめのアイテムになっています。

寒い冬の風から赤ちゃんを可愛く守ってくるでしょう。

リブ ルームウェア

首が座れば上下が分かれた服も楽しむことができます。

生後5ヶ月というと離乳食もそろそろ始める時期でもあります。

着替えることが多くなるので上下はなれている服なら簡単に着替えができるでしょう。

ルームウェアになっているのでリラックスできる服としておすすめです。

長袖なので秋から冬にかけて重宝しそうなアイテムになります。

すぐに生地が弱ってしまいそうな印象ではありますが、口コミでは長い間しっかりとしていて使い勝手がよいとの評価がされていました。

ルームウェアとして活躍してくれること間違いないアイテムです。

シンプルなデザインで大変おしゃれなルームウェアーになっています。

Kufuu カーディガン

冷房対策や秋や春先のちょっと冷え込む季節に重宝するカーディガンです。

デザインもシンプルなのでどんな服とのあわせやすいのが特徴です。

ボタン部分は着せやすいボタンなので寝返りで忙しい赤ちゃんも嫌がりません。

大変軽量で荷物にもならないのでお出かけの時に持ち運ぶのにも重宝します。

カーディガンは1枚あれば何かと使えるのでおすすめです。

カラーバリエーションも豊富になっているので男の子にも似合うカーディガンが見つかることでしょう。

Kukka ja puu スリーパー

生後5ヶ月の時は股下のボタンを留めてあげればしっかりと防寒対策になります。寝返りをしてもお腹や背中を冷やす心配がないスリーパーです。

洗濯機で簡単に洗えるのも嬉しいポイントです。

ロゴはちくちくあたらないように外側についてさりげなく配慮されています。

最高レベルの生地でできているとともにボタンの部分は、金属アレルギーの心配がいりません。

寝る時はもちろんですが、寝起きのちょっと冷える時に着せておいても安心です。

Anna Nicola スリーパー

長袖ですっぽりと体を包んでくれるスリーパーです。

寝る時はもちろんですが、冬の寒い時期には部屋着をしても着せてあげてもいいでしょう。

洗濯機でも洗濯可能なのでこまめに洗って清潔な服を着せてあげることができます。

肌触りがよく滑らかでふかふかとして柔らかい素材でできています。

保温力に優れたマイクロフリースで暖かさを逃がしません。

めくれ上がり防止のために裾にスナップのボタンを採用されています。

睡眠中に動きまわる活発な赤ちゃんでも夜に冷えてしまう心配がいりません。

睡眠中に着せるのももちろんおすすめですが、部屋着として冬の寒い時期に着せておくのもいいでしょう。

暖かく冬を過ごすことができます。

冬の服装におすすめのマイクロフリース素材です。