1歳の女の子の服のサイズはこちら!身長や体重で変わります!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

1歳の女の子、そろそろヨチヨチと歩き始める頃ですよね。

ねんねやハイハイの頃と違って、歩き出すとお洋服を選ぶ幅も広がります。

かわいいお洋服もどんどん着せたくなってくる時期ではないでしょうか。

どんなサイズのものがぴったりなのか、ご紹介したいと思います。

広告

1歳の女の子の服のサイズ

女の子のお洋服のサイズですが、1歳のころは80サイズぐらいと言われています。

ただ、お子さんの身長、体重によってサイズは大きく変わります。

赤ちゃんのお洋服のサイズの目安をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

50サイズは、ほぼ新生児サイズと言えると思います。

だいたい、生後0ケ月~3か月ぐらいまででしょう。

60サイズは、生後3~6ヶ月頃で、身長は60cm、体重が6kgぐらいです。

70サイズは、生後6~12ケ月頃で、身長は70cm、体重が7~8kgぐらいです。

80サイズは、1歳~1歳半頃で、身長は80cm、体重が10kgぐらいです。

90サイズは、1歳半~2歳頃で、身長は90cm、体重が12~13kgぐらいです。

95サイズは、2~3歳頃で、身長は95cm、体重が13~15kgぐらいです。

うちの子は男の子ですが、平均的な体型だったので、1歳の頃はほぼサイズ80を着ていました。

小柄な女の子は、サイズ70でも大きいぐらいだと言っていましたし、大きめのお子さんは1歳ですでにサイズ90を着ている子もいました。

月齢別のサイズはあくまで目安なので、お子さんにあったものを選んであげてください。

広告

1歳の女の子の靴・靴下のサイズ

歩き始める1歳の頃は、靴選びも迷いますよね。

一般的には11~13cmぐらいと言われています。

靴屋さんで足のサイズを測ってもらい、試着することをお勧めします。

足の甲が高い、足幅が広いなど、お子さんの足の形も様々ですので、ぜひ最適なものを探してあげてください。

サイズのあわない靴をはいていると、足の指をまげてしまったり、転倒しやすくなったりするので気を付けましょう。

靴下のサイズは、1歳ぐらいですと、10~13cmぐらいです。

大きすぎるとすぐに脱げてしまいますので、靴下もジャストサイズを選びましょう。

うちの子には、足の裏に滑り止めがついているものをよく履かせていました。

キャラクターデザインのものなどは喜んで履いてくれるのでぜひお試しくださいね。

1歳の女の子の帽子のサイズ

だいたい、48~52サイズあたりがよいと思います。

帽子のデザインによっても違ってくるので、ゴムやアジャスターなどで微調整できるものがよいでしょう。

うちの子供たちは頭が大きめだったので、1歳の頃は50か52サイズをかぶっていました。

日差しの強い季節には紫外線対策として帽子は必需品ですので、お子さんが嫌がらない帽子を選びましょう。

きつかったり、かぶり心地が悪いと嫌がってかぶってくれなくなります。

ハットタイプで、後ろに日よけのあるタイプがオススメですが、こちらはリボンとしてまとめておくこともできるようです。

かわいい上に機能的で素敵ですね!

冬の寒い時期は、風が強い日などは頭や耳もしっかり温めてあげたいので、ニット帽がオススメです。

耳付きのものは寒い冬でも暖かくて安心です。

うさぎ耳がついてるデザイン、これが似合うのは1歳女の子の特権かもしれないですね!

1歳の女の子の服を選ぶ時のポイント

1歳の頃は、よちよち歩きが始まり、好奇心もいっぱいでだいぶ活発になってきます。

転んだりすることも多々あると思いますので、レギンスやタイツなどはいつも履かせてあげてください。

女の子は少し長めのチュニックを買っておくと重宝すると思います。

サイズが大きいうちは、ワンピースのように着れますし、ジャストサイズになったらチュニックとして着ることができます。

私も女の子のお友達にシンプルなデザインの80サイズのワンピースをプレゼントしたところ、2歳半ぐらいまで着ていてくれました。

広告

1歳の女の子のおすすめの服

このワンピースなら、1歳でジャストサイズで着て、2歳で7分丈として着れそうです。

肩が落ちたドロップショルダータイプなので肩幅のサイズを気にする必要もないですね。

女の子はワンピースは持っておくと本当に重宝すると思います。

下にタイツやレギンスを履かせればOKなので、コーディネートも楽ちんです。

ボーダーはもちろん、後ろリボンなどかわいいデザインが豊富なのでいくつか揃えてもよいですね。

かわいいレギンスが大集合です!

柄ものや明るい色のレギンスが楽しめるのも小さい子の特権ですね!

大人だとなかなか選ばないようなポップなデザインもぜひ着せてみてください。

春や秋など、寒暖の差が激しい時に便利なのがカーディガンです。

色展開も豊富なので好みのお色で楽しめますね。

薄手のカーディガンだと、アウターを着るときにも邪魔にならないのでオススメです。