赤ちゃんは冬寝る時に靴下は履かせる?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

新生児に限らず、赤ちゃんは冬寝る時、靴下を履かなくても大丈夫なのでしょうか?

私の場合は出産が冬だったため(出産の為の入院中に)、”赤ちゃん、裸足で大丈夫ですか?”と看護師さんに聞いてみました。

大人であれば、寒くなれば靴下を履きます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんがお世話してあげなくてはなりません。

冬場、寝る時の靴下についての疑問と赤ちゃんの足の温度から分かるサインについてご紹介します。

広告

赤ちゃんは冬寝る時に靴下は履かせるべき?

基本的には必要ありません。

看護師さんに聞いてみたところ、「赤ちゃんは、手足で体温調整をしているので大丈夫」とのことでした。

靴下を履かせてしまうと手足を冷やすことができないので、体温調節ができなくなってしまうようです。

赤ちゃんは生まれたばかりで皮下脂肪が少なく、皮膚も薄いです。

そのため、赤ちゃんの熱がダイレクトに伝わり、赤ちゃんを抱っこし続けていたりすると汗ばんできます。

うちの子も、よその子も赤ちゃんを抱っこしていると、とにかく熱くなります。

赤ちゃんの平熱は36.5°~37.5°と、大人と比べると少し高めのようです。

因みにうちの子が新生児のころは37.0°でした。

看護師さんから受けたアドバイスは、「赤ちゃんは大人の着ている衣類-1だよ」でした。

何気なく聞いたその言葉ですが、赤ちゃんが成長し季節が変わるごとに「赤ちゃんは大人の着ている衣類-1だよ」は役に立ちました。

要するに、大人よりも1枚少なくお洋服を着せるということです。

そして、同じ条件下であれば大人の体感温度よりも暖かく感じているということではないでしょうか。

寝ているとき、大人でも靴下を履いて寝る人は少ないと思います。

大人よりも体温の高い赤ちゃんですから、靴下を履かせなくとも大丈夫ですね。

また、靴下を履くことによる締め付けも気になるところです。

個人的な意見ですが、赤ちゃんに靴下を履かせるとしたら虫刺されが気になる季節、お外へ出かけ時にはかせてあげたら良いと思います。

冬場のお散歩のとき(ベビーカーor抱っこ紐)にはキャリーケープやおくるみをかけているので特に足元は気になりませんが、虫刺されが気になる季節になると肌が露出しているところは気をつけてあげたいですね。

新生児であれば使える虫よけグッズも少ないので、靴下で虫刺されから守ってあげたいですね。

広告

赤ちゃんは冬寝る時に足が冷たくても心配ない?

そうは言っても、赤ちゃんのお世話をしていて赤ちゃんの足が冷たく不安に感じたりしたことがあるかもしれません。

私も、赤ちゃんの足が冷たくて不安になることがありました。

看護師さんや実母に、大丈夫と言われたので様子を観察することにしました。

足が冷たい赤ちゃんの様子が、いつもと違うということはありませんでした。

そんなある日、赤ちゃんが風邪をひきました。

毎朝の検温で、熱が出ていることが発覚しました。

赤ちゃんの熱は、38度台だったと思います。

見た目の症状がない場合、赤ちゃんの体調不良が早期にわかるポイントは毎朝の検温になります。

熱が出ているとき、いつもは冷たい足が暖かかったことを覚えています。

その時、熱が出ると足が暖かくなるのだということを実感しました。

それまでも思い出してみると、泣いているのになかなか眠らない時、ぐっすり眠っているときなどは足が暖かいのです。

反対に、赤ちゃんが起きて何か活動的になっているときなどは足が冷たいのです。

赤ちゃんによって多少、差があるかもしれませんが赤ちゃんの足の様子は、体調がわかるサインの1つだということです。

足が冷たいと思っていても、赤ちゃんが寝てしまうと赤ちゃんの足が暖かくなったり、その逆もあります。

それは、赤ちゃんが上手に体温調節をしているということなのですね。

それが実感できてくると、赤ちゃんの足が冷たくてもお母さんは不安にならずにいられますね。

赤ちゃんの足が冷たく不安に感じたのなら、まずはしっかり観察をしてみてください。

どんな時に足の温度はどんな感じなのか、足の温度が暖かい赤ちゃんは汗をかいていないか?赤ちゃんの足が冷たい時は、赤ちゃんの体はどんな状態ですか?赤ちゃんのお顔は暖かいですか?冷たいですか?気になるところをチェックしてみましょう。

一般的に赤ちゃんの体が”冷え”ているときは、機嫌が悪かったり、唇が青白かったり、頬が真っ赤になっていたりするようです。

体の一部がぬれたままの状態であれば体は確実に冷えてきます。

お母さんが赤ちゃんの様子をしっかり見て、総合的に判断してみてください。

その他、赤ちゃんが発熱しているのに手足が冷たい状態は、熱が上がりきっていない状態である場合もあります。

熱がまだ上がる場合、体が震えたりしたら様子を見て体が冷えないように温めてあげて下さい。

熱が上がりきると震えも治まっていくようです。

汗をかいたりしているようであれば、お着替えと水分補給も忘れずにしてあげて下さい。

赤ちゃんが体調不良の時の為に、赤ちゃん用のスポーツドリンクやその代替品を準備しておくと良いと思います。

寒い時や大泣きした場合も、病気ではなくとも体調不良のサイン”チアノーゼ”の症状が見られたりします。

チアノーゼの症状は、赤ちゃんの手足や皮膚が酸欠により紫色になることです。

そのような場合は赤ちゃんを落ち着かせ、しっかり様子を見てあげて下さい。

いつもの状態に戻るようなら心配はいらないようです。

万が一の時に備えて、かかりつけ医や信頼できる小児科医を探しておくことがとても大切です。

うちの子は何度も吐き戻すことがあったので、心配になり夜間診療に行きましたが、研修医の方や(年齢的に見て)経験の浅いお医者さんが対応してくれたようでした。

吐き戻しの原因がしばらく分からず、水分が取れたので良しとされて帰されてしまいました。

しかし、後になって分かった原因は便秘による吐き戻しでした。

診ていただいた病院は、その地域では小児科の規模も大きく有名な病院のはずでした。

他にも何軒か小児科をまわりましたが、現在診ていただいている小児科の先生にお会いできるまで分かりませんでした。

知名度や情報だけに頼らず、是非、自分で確認されて信頼できる小児科医の先生をを見つけてください。

広告

赤ちゃんに靴下を履かせないメリット

新生児の時期は靴下同様、手も布で覆ってしまえば”暖かい”や”ひっかかない”などのメリットがあります。

逆に覆って守ってしまうということは、外からの刺激もシャットアウトしてしまうことになります。

室温や気温が”暖かい”、”冷たい”、”コットンの肌触り”、、、赤ちゃんのまわりには様々な刺激があります。

大人になってしまえば、いちいち考えたりしないことであっても赤ちゃんには大切な刺激になります。

体で感じる様々な刺激は、赤ちゃんの脳をも刺激します。

赤ちゃんは手足を使っていろいろなものに触れ、情報を得ています。

寒い時期でも手足は出しておき、室温や衣類で赤ちゃんの体温を調節してあげるのがいいかと思います。

歩き始めた赤ちゃんの場合は、靴下を履かせるのであれば滑り止めがついているモノをおすすめします。

滑り止めのついた靴下と裸足の比較を考えると、やはり裸足の方が赤ちゃんの成長には良いように思います。

歩く行為が上達するには、裸足の方がトレーニング効果が高いと言われています。

靴下を履いた状態で歩く練習をするのと、裸足で歩く練習をするのとではバランス感覚や筋肉の使われ方も違ってきます。

裸足であれば、足の裏で凹凸や様々な感覚を感じ取り運動神経の発達に繋がっていきます。

そして、それらが脳へ刺激を送ることで、脳の発達や自律神経の発達にも影響を及ぼしてくるそうです。

自律神経が発達してくると、免疫力がアップ、脳が活性化されていきます。

また、裸足で動き回ることが多くなると土踏まずの形成にも役立ったり、裸足はリラックス効果があり、脳からセロトニン(幸せホルモン)も分泌されたりするようです。

足の裏からの刺激シャットアウトしてしまうことは、大切な大量の情報量や発達を促してくれる刺激をもシャットアウトしてしまいます。

靴下を履かせないと赤ちゃんが寒いのではないかと思ってしまいますが、裸足でいることは赤ちゃんの発達を促してくれることに繋がっているのですね。

最近では、認知症の予防として足の指や手の指をを動かすことが脳の活性化に繋がると言われています。

大人も子供も手先や足の指先からの刺激は、あらゆるところへの活性化に繋がっているのですね。