【保育士・幼稚園教諭監修】保育園では長袖肌着を着せない方がいい?みんなどうしてる?

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

保育園では、何かと決まり事があります。

そのなかでも肌着についてはどうなっているのでしょうか。

長袖?それとも半袖どちらがいいのか迷うところでもあります。

保育園では、寒い冬はどんな服装がいいのか、解説していきます。

広告

保育園の肌着は長袖?半袖?

保育園の肌着は、半袖がおすすめです。

保育園では、子供達は寒い冬でも元気一杯に遊び回ります。

子供は暑がりなのですぐに暑くなってしまうので、できれば薄着が推奨されているので覚えておきましょう。

肌着についてもできれば半袖がおすすめです。

長袖は、暑くなってしまうので半袖かタンクトップの肌着を着せるようにしましょう。

ヒートテックや厚手の肌着は、保育園生活には暑すぎてしまいます。

暑くて汗をかいて室内に入ると汗びっしょり!という子供も少なくありません。

汗っかきな子供がそのままの服でいれば風邪をひいてしまいます。

綿100パーセントの半袖の肌着を着せてあげるようにしましょう。

保育園の室内も、子供達の熱気で暖かくなっているのが保育園です。

薄着を心がけてあげましょう。

広告

寒い冬の保育園での服装

寒い冬での保育園の服装は、半袖の肌着の上に長袖のティーシャツがおすすめです。

ズボンは裏起毛のように暖かいズボンでなくても伸縮性のある履きやすいズボンがいいでしょう。

少し厚みのあるタイプのズボンなら寒い冬でも過ごしやすくなっています。

ズボンの下に大人が「寒いかな。」とレギンスをはかせる必要はありません。

保育園では室内は暖かく、外では元気に走り回るので返って汗をかきやすくなっています。

そのままいては風邪をひいてしまう可能性があります。

ズボン1枚で十分です。

外遊びの時はあまりにごついダウンなど着せてしまうと動きにくくなってしまいます。

またフードがついていたりひも付きのものも危険なため禁止になります。

保育園の防寒着には「ベスト」がおすすめです。

もこもこのベストは動きまわるのにも邪魔になってしまうのでおすすめできません。

薄手の動きを邪魔しないベストを用意してあげるようにしましょう。

保育園の送り迎えの際には自転車を使っている方も少なくないのではないでしょうか。

自転車をこいでいる方は、寒い冬でもすぐにポカポカしてきます。

子供は動かないので寒くなってしまいますね。

自転車に子供用のカバーを掛けて風除けも発売されています。

このカバーをしておけば風も防ぐことができますし、雨が降れば雨避けにもできるので優れものです。

忙しい朝にカッパや傘での自転車は大変危険です。

子供の安全のためにもカバーはおすすめでしょう。

子供の肌着は何枚用意する?

子供の肌着は、基本的に保育園では1枚程度用意しておきましょう。

寒い冬はそれほどお着替えをする機会はないと思われます。

体をよく動かす活動をしたり、給食の時に何か汚してしまうことを考えて肌着の換えを1枚用意しておきましょう。

保育園によっては、お昼寝前に着替える保育園、給食の後は着替える保育園もあります。

その場合は、保育士さんと相談して枚数を決めておくといいでしょう。

保育園に持っていく肌着には、必ず名前を記入しておくようにします。

保育園では自分の持ち物は自分で管理できるように、保育されていることが多くあります。

子供が自分で自分のかばんに直すことがあるので、時には間違ってしまうことも考えられるでしょう。

名前をきちんと記入しておけばいつかは戻ってくるはずです。

分かりやすい場所に名前を書くことを忘れないようにしましょう。

また、保育園にはお気に入りの服を持っていくこともおすすめできません。

保育園はたくさんの子供達が一緒に生活している場所です。

汚れることもあるでしょうし、汚してしまうこともあります。

感染症が流行している時期には、どうしても吐き戻しの心配があるので捨ててしまっても惜しくない服を持って行くようにしましょう。

子供におすすめの肌着

PUPOタンクトップ肌着

冬のこだわらず1年中着せることができます。肌触りの優しい綿100パーセントの肌着です。

サイズ展開は80センチ、90センチ、95センチになっています。

肌着の定番中の定番の白いとグレータンクトップです。

お名前タグが付いているので保育園の肌着におすすめ!

外縫い仕様になっているので、子供の肌に直接当たる心配がありません。

綿100パーセントのフライス素材で薄手でサラッとした手触りで肌着としても抜群です。

安心の日本製なので出産祝いなどのお祝いにもおすすめします!

短肌着

基本となる肌着です。汗取りとなり、重ね着するときは一番下に着るものです。オムツ替えがしやすいのが特長です。

新生児の間は、うんちを多い子で日に5回~10回程度します。その都度、おむつを替えるので、肌着は『おむつ替えしやすい短肌着』が楽です。

頻繁なお着替えが楽にできるものを選ぶのが良いでしょう!

コンビ肌着

裾が二つに分かれる肌着です。

股のスナップボタンを留める事ができます。足の動きが活発になっても肌着がめくれません。

気温に応じて短肌着の上に重ね着しましょう!

生後まもなく頻繁におむつ替えが必要な頃は、股ボタンを留めないで着せてもOK。

生後1、2か月頃になって足をよく動かすようになったら、おなかが出ないようボタンを留めてあげましょう。

色々な肌着を持っておきたい方に!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニックコットンベビー 新生児 5枚組肌着セット みつばち柄 RNB-16 スキップハウス
価格:2680円(税込、送料無料) (2021/1/14時点)

楽天で購入

 

とりあえず肌着を揃えたい方にはセットがおすすめです。柄や機能で選んでみましょう!

広告

保育士、幼稚園教諭(専門家)からのコメント

専門家からのコメント(白鳥萌衣:詳細プロフィールはこちら

■経歴:幼稚園勤務経験。年少と年中のクラスを受け持つ

■保有資格:保育士、幼稚園教諭第2種免許

確かに子どもは想像以上に活発で、大人よりも体温が高めなので体感温度が高いのも理由なのでしょう。

しかも子どもは暑くて上着を脱ぐ割には汗をかいても自分から着替えたりしないので、活発な子は半袖の下着に長袖一枚かプラス上に半袖のTシャツで、足りないものは、お着替えバッグに入れておくくらいでいいと思います。

しかし、あくまでその子の運動量に合った服装が大切なので、長袖一枚で大丈夫だとは一概には言えません。

お絵描きなど室内遊びが好きな子もいますからね。

時にはヒートテックの下着や裏起毛の服を禁止している園もあるので、園の方針を確認しましょう。