【保育士・幼稚園教諭監修】赤ちゃんの冬の肌着は半袖と長袖どっちがおすすめ?

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

大人の冬の肌着は、半袖のもの、長袖のものがあります。

大人よりも体温の高い赤ちゃんの冬のお洋服、肌着はどんな風に使うの?

冬の肌着は、半袖がいい?

それとも長袖がいい?

肌着の上にはどんなものを着せるの?

選び方についてご紹介します。

Sponsored links

赤ちゃんの冬の肌着は半袖と長袖どっちがいい?

肌着の上に重ね着るお洋服で調節すれば、長袖でも半袖でも、どちらでも大丈夫です。

お着替えを考えた場合に、伸縮性のあまりない長袖の肌着を選んでしまうと、お母さんのお着替えが大変になります。

特に腕の部分を、お洋服に通すのが大変です。

そう考えると、半袖の肌着の方がお着替えを気にする必要がありません。

防寒衣類として肌着をみた場合、半袖の肌着の方が袖の部分がないので長袖よりは多少寒くなります。

使い勝手を考えた場合、半袖の肌着は夏場に1枚で使用することができます。

長袖の肌着は、春や秋に1枚で使用することができます。

半袖の下着も長袖の下着も、季節の境目にカーディガンなどを羽織って着ることができます。

お手持ちの肌着の枚数や使い方などを考え、肌着を選んでください。

また、赤ちゃんの月齢によっては、ロンパース肌着の場合があります。

セパレートタイプの肌着とロンパース肌着の場合では、お着替えのしやすさが変わってきます。

セパレートタイプの肌着は一人座りができるようになる頃であれば、被せるだけなので楽にお着替えさせることができます。

一人座りができない赤ちゃんであれば、前開きタイプの肌着の方がお着替えは楽にできます。

冬場に気温が下がる地域にお住まいの方は、半袖と長袖の両方を使い分けるといいかもしれません。

どちらにしても、肌着の上に着せるもので調節すれば大丈夫です。

Sponsored links

赤ちゃんの冬の肌着の選び方

赤ちゃんの肌着の選び方で、大切なポイントがあります。

素材は伸縮性が高く汗の吸収がよいもの、肌触りが良いものを選んでください。

月齢にもよりますが、赤ちゃんは冬の室内の遊びで汗をかくことがよくあります。

また冬場はお洋服を重ねて着ているので、夏場と比べると動きにくくなっています。

赤ちゃんの汗をしっかり吸収し、活動の妨げにならない柔らかい肌着、お洋服をを着せてあげましょう。

伸縮性がある肌着、特に長袖の肌着は生地の選び方を間違えてしまうと赤ちゃんの腕が通しにくくお着替えが大変です。

赤ちゃんの月齢によってはお着替えがしにくいお洋服がわかり、着たがらないこともあります。

大人でも伸縮性のないお洋服を着て、腕を上や前に伸ばすと、背中のお洋服の生地が突っ張ったりします。

大切なのは吸収性が高いこと、伸縮性があり動きやすく着脱できることが大切です。

肌着を新しく買い替える場合は、これからの季節を見越してサイズを決めるようにしてください。

新たに肌着を買う場合、冬のシーズンが長い地域にお住まいの方、冬シーズンが短い地域の方では見通しが違ってきます。

肌着も、セパレートタイプの肌着とロンパースタイプの肌着では、赤ちゃんの月齢によってぴったりのものが違ってきます。

特に長袖のロンパース肌着、一人座りがまだできない赤ちゃんの場合は、お着替えが大変です。

長袖のロンパース肌着タイプは、前開きのものがあるのでそちらの方がお着替えが楽かもしれません。

しかしスナップボタンが多く大変な肌着もあるので、簡単にお着替えするのであれば前開きでも紐が付いたタイプのものなど、簡単にお着替えできるデザインの肌着を取り入れるとお着替えが楽になります。

長袖の肌着を選ぶ場合、ある程度活動的になってきた赤ちゃんであれば袖が10分丈ではなく9分丈など少し短めの袖のものがおすすめです。

赤ちゃんが活動する際、袖が長すぎるのでは赤ちゃんの活動が妨げられてしまいます。

少し大きめのお洋服を着せる際は、赤ちゃんのお洋服の袖口をきちんとまくって着せてあげることが大切です。

セパレートタイプの長袖の肌着を選ぶ場合、長袖肌着だけではなく長袖のTシャツとしても使えるデザインの肌着が使い勝手がよくおすすめです。

伸縮性のある素材の肌着であれば、少し大きめのサイズを選び春や夏まで使うことも考慮しあえて大きめのサイズを選ぶと長く使えます。

長く着れるものであれば、多少高くても洗濯に強く長持ちするものを選びましょう。

長く使うつもりで大きめのものを購入したのに、途中でダメになり使えなくなってしまったのでは、サイズは大きいし、買い足さなければいけないし意味がなくなってしまいます。

冬は赤ちゃんの肌着の上に何を着せる?

赤ちゃんの冬の服装を考えると、肌着は半袖でも長袖でもその上に着るもので調節すれば問題ありません。

赤ちゃんの肌に触れる部分は、肌触りのよいものが心地よいです。

冬でも地域や時期によって、かなりの気温差があります。

北海道などの特別な地域や冬が厳しい地域の真冬でなけでば、2枚ほど着ていれば大丈夫かと思います。

長袖の肌着は、半袖の肌着よりも暖かいことが多いですが(様々な種類の肌着があります)肌着の伸縮性が悪いと、赤ちゃんの腕の曲げ伸ばし、お着替えが面倒になったりします。

その上にトップスを着るわけですから、生地の素材や厚みをしっかりチェックしてから赤ちゃんのお洋服を選んであげましょう。

半袖タイプの肌着を着る場合は、トップスがオーバーサイズ過ぎると保温性が高まりません。

ロンパースタイプの肌着を着る赤ちゃんは、半袖のロンパース肌着にスウェットやカーディガン等を着せます。

それでも寒い時には、ベストなどを上から着せてあげましょう。

肌着の上に重ね着るお洋服は、あまりダボダボしないお洋服を選んであげて下さい。

その方が、お洋服の保温性が高まります。

長袖のロンパース肌着の場合も同じように、上からトップスを重ねます。

寒い場合はベストなどで調節します。

セパレートタイプの半袖肌着を着る場合、セパレートタイプの長袖肌着を着る場合もロンパースタイプと一緒になります。

セパレートタイプはロンパースタイプと違い上下分かれており、小さめのサイズのお洋服を着るとお腹が出てしまいます。

セパレートタイプの肌着の場合は、お腹が冷えないようにトップスは丈が長めお洋服、ボトムスは股上が深めのものを選んで着せてあげて下さい。

赤ちゃんの冬の過ごし方の注意点

室内で過ごす場合に気をつけなければいけないことは、やはり乾燥です。

冬場の室内は暖房器具を使用して温度調節をすると、お部屋の空気が乾燥してしまいます。

加湿器などを購入する場合は、ブランドやオプション機能も魅力的ですが、お手入れをきちんとしなければ加湿器に菌が繁殖してしまい、それが空気中に放出されてしまいます。

加湿器は、お手入れのしやすいものがおすすめです。

万が一ウィルスや風邪などの病気になってしまった場合は、早めにかかりつけの信頼できるお医者さんへ連れて行きましょう。

インフルエンザのようなウィルスは、感染してから一定の時間が経過しないと病院で検査してもらっても陰性反応(実は感染していても)が出てしまいます。

陰性でも様子がおかしい時は、再度診察してもらいましょう。

家族に感染すると大変です。

うがい手洗いは、欠かさず行うようにしてください。

乾燥してしまった時、乾燥対策としてもボディークリームやオイルを使ってマッサージしてあげて下さい。

おすすめはカレンドラオイルです。

カレンドラオイルは、お母さん(会陰マッサージにも使える)も赤ちゃんもどこにでも(フェイスもOK)使用できるオイルです。

比較的リーズナブルなオイルです。

赤ちゃんも生後6ヶ月頃から、使用できる製品が増えてきます。

わからないことはお店の店員さんや、カスタマーセンターに電話をして聞いてみてください。

その方が安心して使用できます。

また、お洋服の素材によっても肌が乾燥しやすくなります。

静電気が頻繁に発生するようであれば、乾燥している証拠です。

一般的に自然素材のコットンやシルクなどが、乾燥しにくい素材と言われています。

コットンでも様々なコットンがあり、個人差もあるので乾燥が多い方はよく観察してあった素材を選ぶようにしましょう。

そしてお洋服を選択するときに使用する柔軟剤も、乾燥の原因になることがあります。

洗濯洗剤よりもお洋服の繊維に残り、肌を刺激するようです。

肌が弱い方の為の柔軟剤もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

外にお出かけする際に気をつけなければいけないことは、やはり暖かい格好をして出かけるということです。

動けない赤ちゃんは、キャリーケープなどをつけて暖かくして外出しましょう。

活発な赤ちゃんは遊びに夢中になってしまうと、寒くても濡れていても遊びをやめないこともあります。

それでは風邪をひいてしまいます。

また、雪が降ったりした場合長時間外へ出るときは帽子をかぶせてあげましょう。

帽子をかぶっているのといないのでは、寒さが違います。

歩ける赤ちゃんの場合は、転んだり濡れてしまったりしないような長靴やブーツを履かせてあげて下さい。

雪遊びをする場合は、手袋も準備してあげて下さい。

感覚が育っていない赤ちゃんは、冷たくても手がしもやけになるまで遊んだりします。

外出先で飲食をする場合は、うがい手洗いをしっかり行ってください。

できない時は、除菌ジェルやシートがあるので活用しましょう。

赤ちゃんの冬の肌着のおすすめ

Combi mini(コンビミニ)

ホワイトカラーのレース半袖肌着です。

Biquette 肌着

シンプルなコットン100%の半袖肌着、3枚セットです。

 Combi mini(コンビミニ)長袖肌着

伸縮性抜群の長袖肌着2色展開です。

 mikihouse(ミキハウス)ピュアベール ロンパース

さすがミキハウス!珍しいお着替えしやすい前開きタイプのデザインです。

mikihouse(ミキハウス)ピュアベール、ロンパース半袖・長袖肌着です。

Petit Bateau(プチバトー)

かわいい襟付き長袖ロンパースです。

カバーオール(足・靴下つき)

カバーオールに足(靴下)部分も付いているので、足も温かく、靴下をはく必要がございません。

足つきなので、動いていて、靴下が外れる心配は要りません。寝ている時も暖かいカバーオールです。

Sponsored links

保育士、幼稚園教諭(専門家)からのコメント

専門家からのコメント(戸張 彩子:詳細プロフィールはこちら

『経歴』

  • 洗足学園短期大学 幼児教育課卒業
  • 短大卒業後、7年間私立幼稚園で勤務
  • 幼稚園勤務中(旧姓:滑川彩子)に幼児教育に関する書籍(本タイトル「4歳の胸のうち」)を出版
  • 現在は2人の子どもを育てながら認定ベビーシッターとして活動中

『保有資格』

  • 保育士
  • 幼稚園教諭2種
  • 認定ベビーシッター

「コメント」

赤ちゃんは体温調節機能が未発達なため、着せすぎて熱が身体にこもってしまうと、発熱に繋がる事があります。

また逆に、寒すぎると低体温になる可能性も・・。冬の肌着を決めるには、まず外気温を念頭に置いてみてください。

例えば、真冬であっても1日室内にいるのであれば、室温調整をして半袖の肌着で大丈夫。

しかし外出するのであれば、長袖の肌着が適しています。手足は外気温の影響を受けやすいので、冷たくても慌てる事はありません。

自分の手を温めてから、赤ちゃんの背中・お腹を触ってみましょう。

温もりがあるようであれば、快適な状態と判断できますよ。