生後5ヶ月の赤ちゃんの服はセパレートでOK?着せ方やおすすめは?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

早い赤ちゃんは5ヶ月になると、寝返りができるようになってきます。

生まれたころとは違い、首もすっかり座ってきて表情も豊かです。

ぐんぐん育つ我が子をみていると、これからの成長を想像せずにはいられません。

セパレートのお洋服はいつから着せるの?

そんな疑問がわいてきます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの、セパレート服についてご紹介します。

Sponsored links

生後5ヶ月の赤ちゃんの服はセパレートでいい?

生後5ヶ月の赤ちゃんの首がしっかり座っているようなら、問題ありません。

しかし小柄な赤ちゃんであればサイズが小さいため、お母さんが着せたいと思うセパレートのお洋服を見つけることが大変かもしれません。

生後5ヶ月の赤ちゃんであれば、上下がつながっているロンパースやカバーオールタイプのお洋服を着せているお母さんもたくさんいます。

また赤ちゃんが何月生まれかにもよりますが、丁度、生後5ヶ月頃が季節の境目にあたる頃ならばセパレートのお洋服に変えるタイミングなのかもしれません。

気をつけなければいけないことは、スカートのようにハイハイや赤ちゃんの活動の妨げになるようなお洋服は、その時期(活動的)になったら着せることはおすすめできません。

赤ちゃんが何らかの新しいアクションをおこしはじめたときには、赤ちゃんのアクションの邪魔にならないお洋服に切り替えて下さい。

ですからスカートなどは、履く時期をあらかじめ考えたうえで購入しましょう。

長く使う予定でいても、赤ちゃんの発達発育が最優先です。

セパレート服にするタイミングは、お手持ちのお洋服、季節的なこと、お母さんの気持ちを重視することが大切です。

着心地の良い可愛いお洋服を選んで、たくさん赤ちゃんに着せてあげましょう。

Sponsored links

生後5ヶ月の赤ちゃんのセパレート服の着せ方

生後5ヶ月の赤ちゃん赤ちゃんのセパレート服を考えたときに、大人と同じではありません。

大人であれば上下が完全に分かれていて、ウエスト周りでトップスをボトムスに入れてお腹が出ないようにします。

赤ちゃんの場合、セパレート服といっても実際のところは”疑似セパレート”のような感じです。

どうして”疑似セパレート”かというと、まずはセパレートのサイズ展開が豊富ではありません。

サイズが小さい場合、お股部分を止めない下着は短肌着になるかと思います。

Tシャツやズボンのサイズはありますが、やはり下着はロンパースになってしまいます。

大人のようなセパレート服はサイズが揃っていないこと、お腹が出てしまわないようにすること、オムツの固定を考えるとなかなか難しいところです。

”疑似セパレート”であっても見た目はセパレート、ロンパースやカバーオールの赤ちゃんと比べると見た目にも差が付きます。

生後5ヶ月の赤ちゃんにセパレート服を着せる場合、下着はロンパース下着がおすすめです。

ロンパース下着は、長袖、半袖、キャミソール、タンクトップと種類があるので、季節や気温に応じて使い分けて下さい。

暖かい日でしたら、長袖のロンパースにズボンやスカートをあわせます。

<長袖ロンパース+ズボンorスカート>

寒い日でしたら、長袖のロンパースの上にカーディガン等を重ねてきます。

更に、ズボンやスカートをあわせます。

<長袖ロンパース+カーディガン+ズボンorスカートorブルマ(+レギンス等)>

夏の暑い日は、ロンパース(半袖、キャミソール、タンクトップ)にズボンやスカートをあわせます。

<ロンパース(半袖、キャミソール、タンクトップ)+ズボンorスカートorブルマ>

<ロンパース(キャミソール、タンクトップ)+Tシャツ+ズボンorスカートorブルマ>

その他、セパレートではなくなってしまいますが、カバーオールのセパレート風のお洋服も可愛いです。

実際のところ生後5ヶ月の赤ちゃんは、一人で体を起こしていることができません。

被るタイプの下着や、お洋服を着せる時に少し着せ辛さを感じるかもしれません。

一人座りができるようになってくると、座ったままの赤ちゃんに頭の上からすっぽりとお洋服を被せるだけなので、生後5ヶ月の赤ちゃんに着せるのとは違ってきます。

被るタイプの下着が面倒な場合は、無理せず前開きのロンパース下着を着せてあげましょう。

またロンパースの下着は伸縮性のあるもので、サイズも少し大きめものにすると長く使えます。

ロンパース肌着は、使い方によっては(長袖以外)ほぼ一年中使えるので長持ちするものを選び購入することをおすすめします。

生後5ヶ月ころからまとまった睡眠も取れるようになりますので、お昼寝の邪魔にならないようなデザインのお洋服を選んであげてください。

生後5ヶ月の赤ちゃんのセパレート服のサイズ

標準的な生後5ヶ月~生後6ヶ月の赤ちゃんのサイズは、70サイズです。

大きめの子であれば、80サイズです。
(ブランドによってサイズ感が多少変わります。)

5ヶ月頃の赤ちゃんは、生まれたときと比べて成長がやや穏やかになってきます。

代わりに個人差も、はっきりとしてくる頃になります。

寝返りができるようになってくると、うつぶせの時間が増えたり動けるがゆえに窒息の心配などもでてきますので注意が必要です。

新生児~生後2ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは、50~60サイズです。

生後3ヶ月~生後4ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは、50~60サイズです。

標準的な生後5ヶ月~生後6ヶ月の赤ちゃんのサイズは、70~80サイズです。

生後6ヶ月~生後12ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは、80~90サイズです。

標準的な赤ちゃんのお洋服のサイズは、このようになります。

こうして成長過程(多いサイズの数字の方)を追ってみると、一年間で60~90サイズまで成長していきます。

ブランドや商品によってサイズ感も違うので一概には言えませんが、60サイズ辺りと90サイズ辺りが一番長く使うサイズではないかと思います。

60サイズは新生児から生後4ヶ月~生後5ヶ月位まで着ることができます。

90サイズ(ロンパース下着など)は2、3歳ころまで着ることができます。

赤ちゃんが小さいうちは動けないので、多少オーバーサイズでも大丈夫です。

逆に、活発になってくると下着のサイズはある程度あっていれば問題はなく、下着の上に着るもののサイズが活動の妨げになってはいけません。

このようなことを踏まえ、更に季節を考慮すると意外と購入するサイズのパターンは多くありません。

50、60、70、80、90とそれぞれのサイズごとに衣類を購入する必要はないということです。

因みにうちの場合は赤ちゃんは大きめ冬生まれで、新生児の時のものを夏ごろまで使用し、夏ころから衣替えと同時にセパレートに切り替えました。

成長してサイズアウトしたら、サイズアウトしたお洋服の代わりを次の目的にあわせて買い替えました。

90サイズは1歳頃から3歳頃まで着ることができました。

Sponsored links

生後5ヶ月の赤ちゃんにおすすめのセパレート服

Anna Nicola パフスリーブ切り替えロング丈Tシャツ(日本製)

RagMart(ラグマート)ボーダーパンツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SALE!50%OFF!!2019春夏 RAG MART ラグマート Rag Pet ベビーパンツ :70cm,80cm:1292506
価格:1265円(税込、送料別) (2021/1/16時点)

楽天で購入

 

RagMart(ラグマート)ベビーパンツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SALE!50%OFF!!2018秋冬 RAG MART ラグマート Rag Pet ベビーパンツ :70cm,80cm:1283506
価格:1265円(税込、送料別) (2021/1/16時点)

楽天で購入

 

PETIT BATEAU(プチバトー)カーディガン、下着、ズボンのセット