生後6ヶ月の服装は女の子ならコレがおすすめ!着せ方をご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

生後6ヶ月になってくると、個人差はありますが腰がすわってくるので、ひとりでおすわりが上手になってくる時期になります。

手足もよく動くようになりますので服装は、ロンパースや半そでのカバーオール・上下に分かれたセパレートのお洋服などが良いです。

激しく動いてもロンパースでは、はだけることなくお腹が冷えないので安心です。

また、上下に分かれたセパレートのお洋服だとおむつ替えの時ズボンやスカートを外すだけなので簡単です。

女の子のお洋服はフリフリの素材やカラフルなお洋服が沢山あるのでお洋服選びも楽しくなってきます。

ハイハイするようになると、半そでロンパース1枚にヒザを守るためのレッグウォーマーをはかすのも良いです。

長めのカバーオール1枚でもヒザを守るので代用可能になります。

Sponsored links

生後6ヶ月の女の子の服装を選ぶ時のポイント

段々、動きが活発になってくるので前開きの肌着より、かぶるタイプのロンパースが良いです。

ずりばいをする時などお腹がはだけてしまいますので、冷やさないようにするためです。

カバーオールなども可愛いデザインのものもあるので使い分けて使用するのも良いと思います。

動き回るようになるとカバーオールのボタンが多いものは、ちょっと大変かもしれません。

ボタンを留めようとするとき動きまわったり、じっとしていられないときなどボタンがずれてしまう事もあるので、ボタンが少ないカバーオールか上下に分かれたセパレートのお洋服が着せやすいです。

女の子のスカートにはスパッツがついているものもあるので可愛いです。

ワンピースなどもあるのでオシャレが楽しくなりますね。

Sponsored links

生後6ヶ月の女の子の服装のサイズ

服装のサイズは、赤ちゃんの体型にもよりますが70~80サイズがいいと思います。

また、初めて購入するメーカーによってはサイズ表記だけでは分かりにくい場合もあります。

メーカーやデザインなど国内製、海外製によって同じサイズでも大きかったり小さかったり大きさが異なることがあります。

一番は赤ちゃんがいるときにサイズを確認するのがベストですね。

できない場合は、事前にサイズを測るか商品の口コミ等の情報収集をしてもいいと思います。

肌着等のロンパースはお肌にフィットするサイズがいいので70サイズがいいと思います。

肌着は、赤ちゃんの肌を守ったり、汗を吸収したりする役目があるので、季節を問わず常に着用しましょう。

お肌にフィットすることによって汗の吸収率がアップします。

ノースリーブの肌着より、袖のあるものをおススメします。ワキの汗も吸収したいためです。

生後6ヶ月の女の子の服装~春&秋~

室内時

住んでいる地域にもよりますが、春&秋の室内では、ロンパースに上下に分かれたセパレートのお洋服を着せます。

暖かい素材のカバーオールも良いです。肌寒い日はベストやカーディガンなど着させて調整します。

外出時

ロンパースに上下に分かれたセパレートのお洋服に羽織れるものと帽子・靴下があれば体温調節がしやすいかと思います。

寝る時

ロンパースにカバーオールかロンパースに上下に分かれたセパレートのお洋服を着せます。

生後6ヶ月の女の子の服装~夏~

室内時

夏の服装のではガーゼやメッシュタイプの半そでのロンパース肌着を着せます。

室内ではロンパースのみでも良いですが、クーラー等で冷えている場所は上下に分かれたセパレートのお洋服か半そでのロンパースにズボンかスカートの組合せでも良いです。

外出時

クーラーや紫外線対策するには、薄手の羽織るもの1枚あれば良いです。

抱っこひもでの短時間の外出でしたら、半そでカバーオールにレッグウォーマー、帽子だけでいいと思います。

抱っこひもを使うとお母さんと体が密着するので、熱くなります。あまり防寒対策は必要ありません。

寝る時

ロンパースとズボンかカバーオールのみでも良いです。

甚平も通気性の良い素材なので涼しいと思います。

汗をかいたら、こまめに着替えるようにしましょう。

汗でぬれたままだと体が冷え風邪をひきやすくなります。あせもにも気を付けてください。

Sponsored links

生後6ヶ月の女の子の服装~冬~

室内時

冬の服装のでは通気性の他に吸水性、保温性のある素材の肌着がおススメです。

ロンパースと上下に分かれたセパレートのお洋服か長袖に長ズボン・レギンス・ワンピースなどの組み合わせが良いです。

温かい素材の羽織ものが良いです。

暖房が効いている場所ではロンパースとカバーオールかロンパースと上下に分かれたセパレートのお洋服でも良いです。

暖房が効いている場所では厚着させなくても良いので、ニットやフリースなどの暖かい素材の羽織るものがあれば調整しやすいと思います。

室内では、基本的に靴下は必要ありません。

赤ちゃんの足は体温調整をする役割もあるので、室内で靴下を履くと、冬場でも蒸れてしまうことがあります。

足が冷たくても体が温かければ、体温調節ができているということなので、体を触りながら気にかけていけば心配いりません。

外出時

ロンパースに暖かい素材のトップス・スパッツの上からズボンを重ねて着ます。

ジャンパーに耳まで隠れる帽子や靴下・手袋などあると良いと思います。

寝る時

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はぐまむ 綿毛布 スリーパー ベビー 2way 日本製 三河木綿 着る毛布 赤ちゃん 子供 秋 冬
価格:4599円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)

楽天で購入

 

ロンパースに温かい素材のカバーオールかロンパースに温かい素材の上下に分かれたセパレートのお洋服も良いです。

暖房など暖かい部屋だとあまり厚着しなくても良いです。

厚着しすぎると冬でもあせもが出ます。腹巻などもお腹を温めるので良いです。

スリーパーは、2wayになっていて、そのままベストのように着せることもできるし、裾にボタンがついているので、ロンパースのようにも着せられる優れもので、お腹が冷えたりする心配もありません。

裾のボタンのおかげで、めくりあがるのを防止してくれ、安心して寝かせれます。