生後4ヶ月の寝る時の服装は秋ならこの格好がおすすめ!

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

生後4ヶ月の赤ちゃん、やっと首も座り一安心です。

肌寒くなってきた秋、4ヶ月の赤ちゃんの寝る時の格好はどんなものがよいのでしょうか。

これからの先の季節も考えて、どのようなお洋服を準備したらいいのでしょうか?

おすすめの服装をご紹介します。

Sponsored links

生後4ヶ月の寝る時の秋の服装

生後4ヶ月の赤ちゃんは首が座り、授乳回数も少なくなります。

生まれたときよりお世話も少し、楽になってきます。

生後4ヶ月の赤ちゃんには、ロンパースやカバーオールのお洋服がおすすめです。

首が座って間もない赤ちゃんは、まだ一人座りができません。

赤ちゃんの活動もまだ盛んではないので、セパレートのお洋服を着せるのはもう少し先でもよいと思います。

因みに、生後4ヶ月の赤ちゃん用のセパレートのパジャマは豊富ではありません。

デザインや着心地などを考えて選ぶのであれば、カバーオールやロンパースのパジャマがおすすめです。

赤ちゃんが眠るときの服装も、ロンパースやカバーオールがおすすめです。

眠るときにセパレートのお洋服を着る必要性はありません。

それよりも着脱の簡単なお洋服や、出産時に準備した産着などを活用できるのであれば、どんどん活用していきましょう。

秋は夏の終わりから、冬に差しかかるまでの季節になります。

暖かい時は半袖や長袖一枚でも大丈夫な火もあれば、寒い日は長袖に更にもう一枚と冬のような服装も想定されます。

毎日気温を確認し、その日その時間帯に適した服装をさせてあげて下さい。

基本は、肌着にカバーオール(ロンパース)着せます。

暑ければ基本の服装より涼しくなるようにしてください。

寒ければカバーオール(ロンパース)を厚手のものに変えたり、スリーパーを重ねていきます。

もっと寒い場合は、アイテムの素材を暖かいものに変えていきます。

住んでいる地域にもよりますが、気温の変化が大きい季節です。

寝る時の服装で気をつけなければいけないことは、朝と夜の寒暖差です。

もう一つは、季節の境目の気温差に気をつけなければいけません。

赤ちゃんが風邪をひかないよう、その日の気温にぴったりな服装を選んであげて下さい。

Sponsored links

生後4ヶ月の寝る時の秋の服の選び方や注意点

ポイントとなってくるのは、これから買い足していくお洋服になります。

秋そして冬に活用できるアイテムを選び揃えていきましょう。

まずはお手持ちのお洋服を確認してみて下さい。

サイズアウトしたものがあれば外して、これからサイズアウトしそうなもの、まだ着ることができそうなものに分けてみましょう。

次に、お母さんがお世話に必要と思われる枚数を考えてみましょう。

お世話するお母さんによって、必要と思われるお洋服の枚数も変わってきます。

また秋から冬になると、お洗濯したお洋服も乾きにくくなってきます。

秋に着るお洋服は、そのまま冬にも移行して使用します。

お手持ちのお洋服を整理することで、新たに準備しなければいけないアイテムが見えてきます。

夏に着ていたおよ服もしっかり活用しましょう。

半袖のカバーオールやロンパースなども下に長袖のロンパース下着を着用したり、半袖の短肌着なども上から長袖のカバーオールやロンパースを着せてあげれば、夏のお洋服でも秋に使用することができます。

赤化ちゃんは生後4ヶ月頃になると、寝返りをうつことができるようになります。

寝返りをはじめるのは4ヶ月~6ヶ月頃と言われてます。

赤ちゃんが寝返りをうってお布団を飛ばしてしまっては、風邪をひいてしまいます。

寝返りがうてるようになった赤ちゃんには、スリーパーがおすすめです。

スリーパーも様々な素材や形状のものがあります。

秋であればガーゼやコットン素材ののスリーパーで十分かと思います。

ガーゼやコットンも生地の厚みが様々ですので、赤ちゃんの寝る環境に適したものを選んであげて下さい。

生後4ヶ月の寝る時の服のサイズ

生後4ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは60~70サイズ(生後3ヶ月~生後4ヶ月)、70~80サイズ(生後4ヶ月~生後6ヶ月)です。

赤ちゃん成長具合や、お洋服のブランドによってもサイズ感は違ってくるので、お店の方に聞いたり確認するようにしましょう。

同じサイズのお洋服でも大き目のものと、小さめのものでは1サイズ程違うものもあります。

1サイズもサイズ感が違うと、着れる期間が短くなってしまう場合もあります。

せっかく選んでもすぐにサイズアウトしてしまうのでは、もったいないですね。

しかしお母さんがいろいろ試行錯誤してお洋服を選んでも、赤ちゃんの成長が早いと、すぐにサイズアウトしてしまいます。

こればかりは仕方がないので、赤ちゃんの成長をよろこんであげましょう。

うちの子も成長が早いタイプでした。

生まれたときは少し小さめでしたが、1ヶ月も経つ頃には母子手帳に載っている成長曲線のグラフの上の方の位置になっていました。

すぐにサイズアウトしてしまうことを知り合いの方から聞いていたので、成長ごとに買い足したお洋服も大きめのものを選びました。

赤ちゃんがぐんぐん成長することを考えると大きめのサイズのものがよいのですが、赤ちゃんの活動の妨げにならない程度のサイズを選んであげて下さい。

肌着などのインナーとして着るものや、トップスとして着るものでも袖や裾の長さを調節できるものであれば大きめのサイズでも問題なく使うことができます。

赤ちゃんが寝る時に着せてあげるスリーパーですが、これも大きめのサイズを選びましょう。

袖のついていないスリーパーは、大きくとも問題なく使えます。

お世話のしやすさが変わってきます。

スリーパーを選ぶときには、眠った赤ちゃんに着せやすいデザインのスリーパーを選んでください。

生後4ヶ月におすすめの秋の肌着

ラモルフェ加工ニット サッカー半袖前開きボディスーツ

暖かい日におすすめ、スナップボタン付きの前開きの短肌着です。

気温が下がってきたら、カバーオールやロンパースを重ね着して調節してください。

アレルゲン吸収と肌触りにこだわりつくられた日本製の肌着です。着心地と着心地を追求した縫製が施されています。

Combimini(コンビミニ) ボディタンクトップ

前開きのタンクトップ肌着、暖かい日の肌着にぴったりです。

お股の部分にもスナップボタンがついており、お着替えもオムツ替えもスムーズにできます。

カラーはホワイトなので男の子にも女の子にもお使いいただけます。

Combimini(コンビミニ)あったか前開きボディTシャツ

空気をため込むエアーニットのあったかボディ肌着です。

前とお股部分にスナップボタンがついており、お世話が楽チンです。

カラーは豊富な6色展開です。

ニシキ 長袖前開きグレコ肌着

秋にぴったりキルティング素材素材でできた、男の子用の長袖肌着です。

前の部分とお股の部分にスナップボタンがついており、赤ちゃんのお世話がスムーズにできます。

Sponsored links

生後4ヶ月におすすめの秋のパジャマ

3WAY ボンネット付スリーパー

クマやウサギになれる3WAYのスリーパーです。スリーパとして使うのはもちろん、お股のところを止めるとお洋服としても着ることができます。

裏地はオーガニックコットンをしようしており、肌触りのよいスリーパーです。

アンナニコラ(AnnaNicola) パジャマ

日本製の可愛い水玉のベビーパジャマ!

カラーも豊富で、男の子、女の子にもおすすめです。

Anna Nicola 2重ガーゼ パジャマ

ピンク、ブルー、ベージュの3色展開タイプです。

パジャマの中におすすめ!Anna Nicola 肌着一覧

春や夏におすすめ!半袖肌着です。カラー豊富でおしゃれです!

暖冬の時、まだ秋でも暑い場合はキャミソールで調整しましょう!

肌寒くなってきたら、長袖で!カラーも豊富で男の子、女の子にもおすすめ。

三河木綿 5重&2wayガーゼスリーパー(日本製)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はぐまむ ガーゼ スリーパー ベビー 5重 2way 日本製 三河木綿 春 秋
価格:3999円(税込、送料無料) (2021/1/9時点)

楽天で購入

 

5重ガーゼでできた2wayスリーパーです。

お股の部分を止めることもできます。

ホルムアルデヒドの基準にも合格、日本の伝統的な染色方法で色づけされたこだわりのスリーパーです。