生後5ヶ月の秋の服装はこれがおすすめ!着せ方や選び方をご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

赤ちゃんもすくすく育ち生後5ヶ月を迎えます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの秋の服装は、どんなものがよいのでしょうか?

首もすっかり座り、自分の力で頭を動かすこともできるようになります。

そんな赤ちゃんにぴったりの、秋の服装のポイントをご紹介します。

Sponsored links

生後5ヶ月の秋の服装

秋ごろに生後5ヶ月を迎える赤ちゃんは、春生まれの赤ちゃんです。

生まれたころは、産着を準備して着せてあげましたね。

春の服装と秋の服装は似ていて、サイズがあっていれば同じアイテムを使用することができます。

秋の平均的な気温は、地域やその月によっても差があります。

暖かい日であれば、長袖一枚、半袖で過ごせる地域もあるかと思います。

標準的な気候であれば、肌着の上にもう一枚ロンパースやカバーオール、セパレートのお洋服などを着ます。

寒い日であれば、暖かい素材のお洋服を着せたり、カーディガン、お出かけの際はアウターを着させてあげてお出かけしましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんは首がしっかり座った頃です。

首がすわれば被り物が多いセパレートのお洋服を着せてあげられるようになります。

首がすわっていない赤ちゃんに被り物のお洋服を着せてあげるのは、首を支えてあげなければならず、前開きのお洋服の方が手軽で安全です。

生後5ヶ月を過ぎても、しっかり首がすわらない場合はかかりつけの病院や専門の方に診てもらいましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりと座ってきますが、寝返りをはじめる赤ちゃんが出てきます。

寝返りは、生後6ヶ月~生後7ヶ月ころになるとほとんどの赤ちゃんができるようになります。

生後5ヶ月の赤ちゃんはこれからどんどん、活動が活発になってきます。

赤ちゃんのこれからの活動を考えた服装を選んでいきましょう。

室内で危険な場所やモノがあった早めに対処しておきましょう。

赤ちゃんが危険な目に合ってからでは大変です。

室内での服装

お洋服は暖かい日は半袖一枚や長袖一枚、標準的な気候であれば肌着(キャミソールやタンクトップ、半袖、短肌着)にロンパースやカバーオール、セパレートタイプのトップスとズボン等を着せてあげましょう。

寒い日であれば、更に着脱の簡単なカーディガン等を着せてあげましょう。

カーディガンは着脱の簡単なスナップボタンがついたものがおすすめです。

産着として購入したものや、夏のお洋服として購入したものでサイズアウトしていないものがあれば、肌着として活用しましょう。

この時期に新たにお洋服を買い足す場合は、赤ちゃんの活動具合にもよりますが被り物の肌着やセパレートのものにシフトしていってもよいかもしれません。

赤ちゃんの首がすわっていても、一人座りはできないのでお洋服を着せてあげる際に補助クッションなど使用するとお世話が楽になります。

これから赤ちゃんの合活動は、どんどん活発になってきます。

赤ちゃんの活動の邪魔にならない服装を選んであげましょう。

ポイントとなるのは、活動の妨げになるような装飾がついていないか、ズボンであればこれからハイハイやつかまり立ち、一人歩き等することを前提に活動しやすいものを選んであげましょう。

活動が活発になると赤ちゃんのお腹が見えやすくなります。

肌着として着用するお洋服は、ロンパースタイプの肌着を着せてあげるとお腹を覆ってくれるのでおすすめです。

外出時の服装

外出時の服装は、室内での服装に加えて寒い場合はアウターを着せてあげて下さい。

抱っこやベビーカーなどでお出かけの際は、キャリーケープをかけてあげれば十分かと思います。

それでも寒いようであればベビーケットなどを準備しておき、かけてあげましょう。

アウターを着せてあげる場合は、肌触りが良く伸縮性があるものを選んであげて下さい。

被るだけで準備ができてしまうポンチョもおすすめです。

また、お出かけ時に必要なお着替えやタオル、オムツ、おしり拭き等、赤化ちゃんがぐずったりする場合はお気に入りのおもちゃ、離乳食を始めた赤ちゃんは離乳食などを忘れずに持って出かけましょう。

お出かけの際に、こぼしてしまったり少し寒かったり、スポーツタオルサイズのタオルがあると便利に使えます。

天候が悪い場合は、無理をせず天気のいい日におでかけしましょう。

寝る時の服装

寝る時に気をつけなければいけないことは、寒くならないことです。

秋になると朝と夜の気温の差が激しかったり、日によって気温の差が大きかったりします。

お母さんは毎日の気温をしっかり確認して、その日にあった服装を選んであげましょう。

夜寝る時の服装は、肌着(キャミソールやタンクトップ、半袖、長袖)にロンパースやカバーオール、もしくはセパレートタイプのパジャマを着せてあげましょう。

肌着はお腹が出ないロンパースタイプのものがおすすめです。

寒い日は暖かい素材のものを着せてあげましょう。

赤ちゃんも生後5ヶ月になり、寝返りがうてるようになるとかけてあげたお布団をとばしてしまったりします。

その時はスリーパーを活用しましょう。スリーパーを着せてあげれば、夜中にお母さんが起きてお布団を気にしてあげることも少なくなります。

スリーパーはコットン素材のものからフリース素材のものまで様々な素材があります。

気温に応じた素材のスリーパーを選んで着せてあげましょう。

寝る時にベビーケットやスリーパーがかかっていれば、靴下は不要です。

Sponsored links

生後5ヶ月の秋の服装のサイズ

生後3ヶ月~生後4ヶ月の赤ちゃんのサイズは70サイズです。

生後5ヶ月の赤ちゃんヶ月~生後6ヶ月の赤ちゃんのサイズは70~80サイズです。

生後6ヶ月~生後12ヶ月の赤ちゃんのサイズは70~80サイズです。

標準的なサイズはこのようになります。

しかし、赤ちゃんの成長には個人差があります。

うちの子の場合は冬に標準より小さめで生まれました。

その後ぐんぐん成長した為、半年後には90サイズを着ていました。
(夏で半袖だったため、オーバーサイズでもあまり気になりません。)

今回は秋のお洋服で長袖になるので、袖をまくるなどしても目に余るようであれば、サイズ選びとしては大きすぎます。

赤ちゃんはぐんぐん成長するので丁度のサイズでは、すぐにサイズアウトしてしまいます。

お洋服を買い足す時期と赤ちゃんの成長具合をみながらちょうどいい、少し大きめのお洋服を選んであげて下さい。

ズボンに関しては、ロールアップできるようなデザインのものを選び、少し大きめのものを選ぶのがおすすめです。

これから赤ちゃんは心身ともに目まぐるしく成長していきます。

ぐんぐんの成長するのでサイズは大きめの方がコスパ的には良いのですが、赤ちゃんの成長の妨げになるようであれば、時期をずらして使用することもできます。

赤ちゃんの成長をよく観察して、ぴったりのお洋服サイズを選んであげて下さい。

生後5ヶ月の秋の服装の選び方や注意点

このころの赤ちゃんは、セパレートのお洋服が着れるようになります。

セパレートのお洋服を着る際、肌着はロンパースタイプの肌着をおすすめします。

寝る時も同じで、セパレートの肌着をおすすめします。

お腹の冷えは体調不良にもつながります。

体調を崩したときは、かかりつけの病院をきめて診てもらうようにしましょう。

生後5ヶ月ころの赤ちゃんは、活動が活発になってきます。

お洋服が成長の妨げにならないものを選んであげることは大切なことです。

また、寝返りができるようになると窒息の危険もでてきます。

授乳回数などが減りお世話が楽になってはきますが、赤ちゃんのできることが増えると危険なことも増えていきます。

また、お部屋の中にも危険なものや危険な場所があります。

赤ちゃんが成長する前に、先回りして危険なものを片づけたり危ないものには対策をとるようにしましょう。

赤ちゃんの体調や行動をよく確認して、赤ちゃんが安全に生活できるようにしてあげてください。

Sponsored links

生後5ヶ月の秋の服装のおすすめ

PETIT BATEAU(プチバトー)

アンダーウェア、被るタイプの長袖肌着で伸縮性があります。

PETIT BATEAU(プチバトー)

AnnaNicola(アンナニコラ)

AnnaNicola(アンナニコラ)、肌触りのよいパイル素材のカーディガンです。

使いやすいスナップボタンです。

リブレギンスパンツ 

コットン100%のリブレギンスパンツです。

柔らか素材で伸縮性があり、履き心地抜群です。

ポンチョ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はぐまむ 綿毛布 ポンチョ マント ベビー 無添加 日本製 三河木綿 着る毛布 赤ちゃん 子供
価格:4599円(税込、送料無料) (2021/1/10時点)

楽天で購入

 

ご自宅で洗濯可能な、天然繊維100%のポンチョです。

メディアでも多数紹介されています。