生後5ヶ月の帽子のサイズはどのくらい?測り方やおすすめをご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

生後5ヶ月の赤ちゃんの帽子選びの方法をご存知ですか?

赤ちゃんの帽子の選び方は、季節によって違ってきます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの帽子の選び方について詳しくご紹介していきましょう。

赤ちゃんの帽子についてこれを読めば完璧です!

Sponsored links

生後5ヶ月の赤ちゃんの頭のサイズの測り方

赤ちゃんの頭のサイズを測るとき、正確なサイズを出したいのであればお店に行くのが1番です。

お店の人が上手に赤ちゃんの頭のサイズを測ってくれるので、1度測ってもらってから購入を決めてもいいでしょう。

自分で赤ちゃんの頭のサイズを測る方法もご紹介していきます。

測るべき部分は、調度帽子をかぶったときにくる部分の頭の円周を測定するようにしていきましょう。

帽子のかぶり方には、浅くかぶるときと深くかぶる2パターンあります。

ですので、2箇所の測定をしておくといいでしょう。

まず、はじめに耳の付け根から1センチ上と額の中央部分から後頭部に向けて少し下の部分を1周させた長さを測ります。

もう一箇所は、おでこの1番のでっぱり部分と後頭部の1番の出っ張りを1周した長さを測りましょう。

どちらか大きいサイズの方を覚えておくようにします。

このサイズに1センチプラスしたサイズの帽子を選ぶとジャストサイズの帽子を選ぶことができます。

Sponsored links

生後5ヶ月の帽子のサイズ

生後5ヶ月の赤ちゃんの帽子のサイズは、42センチから46センチが標準になっています。

このサイズは標準的な帽子のサイズになるので赤ちゃんによっては、ブカブカだったり、反対に大きかったりすることも!

赤ちゃんに合わせてサイズを選ぶようにしましょう。

また、帽子のデザインによって、サイズが違ってきます。

子供の頭の大きさは日に日に成長していきますよね?

特に0歳から3歳というとその差はかなり大きくなっています。

帽子は、赤ちゃんの頭にぴったりと合う帽子を選ぶようにして下さい。

小さすぎると、窮屈になってしまって、赤ちゃんが帽子嫌いになってしまうことも!

赤ちゃんは、窮屈なものを嫌います。

かといってブカブカの帽子は、ずれてしまってすぐに脱げてしまったり、ずれて前が見えにくくなったりと危険です。

必ず赤ちゃんの帽子はジャストサイズを選ぶようにしましょう。

生後5ヶ月の帽子の選び方〜春&秋〜

春や秋といった季節の帽子の役割として紫外線対策があります。

春や秋は結構紫外線が降り注いでいるので、大人にもこの時期の対策が重要といわれています。

赤ちゃんにとっても紫外線対策は非常に重要です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

紫外線に長時間当たっているとダメージができてしまう可能性もあります。

春や秋の季節には、つばの広い帽子を選んであげるといいでしょう。

紫外線とつばでしっかりと防いでくれる役割があります。

また、首元を紫外線から守るためにもたれ付きの帽子もおすすめです。

秋や春は肌寒い風が吹くこともあります。

防寒対策にもなる帽子もおすすめです。

赤ちゃんの帽子は、時には汗をかいてしまうことを考えて洗濯できる素材であるととっても便利です。

生後5ヶ月の帽子の選び方〜夏〜

夏は、大人でも熱中症に気をつけないといけない時期です。

赤ちゃんにとっても外出するときには、帽子は必須アイテム!

必ず帽子をかぶるようにして外出しないと危険です。

夏の直射日光は、赤ちゃんにとっても大変危険になります。

帽子でしっかりと対策する必要があるでしょう。

夏の帽子の選び方は、つばの広い防止を選ぶようにしましょう。

日差しや紫外線対策になります。

また、汗をかいてしまうことも考えましょう。

通気性のいいメッシュ素材や麦わら帽子がおすすめです。

こまめに洗濯できる帽子を選ぶようにすることも大切でしょう。

赤ちゃんは頭にしっかりと汗をかいて体温調整を行っています。

汗をかいた帽子は洗濯して清潔な帽子でお出かけするようにしましょう。

忘れてはいけないのが、首の後ろの日焼けです。

たれがついているような帽子なら首の後ろもしっかりと日焼けを防いでくれます。

首筋を太陽に当てていると、熱中症や熱射病のリスクを高めてしまうことになります。

しっかりと防いであげれるような帽子を選ぶようにしましょう。

生後5ヶ月の帽子の選び方〜冬〜

冬の帽子の役割は、防寒対策です。

ニット帽や耳あて付きの帽子であれば、耳元も暖かくしてくれます。

ニット帽にする場合は、毛糸がチクチクしないような帽子を選んであげるといいでしょう。

赤ちゃんは不快なアイテムを嫌います。

1度「いやだ!」と感じてしまうと、なかなか帽子をかぶろうとしてくれないこともあります。

帽子は必要なアイテムです。

喜んでかぶれるような帽子を選んであげるようにしてあげましょう。

生後5ヶ月の帽子のおすすめ〜春&秋〜

オーガニックコットンベビー帽子

オーガニックコットンでできた肌に優しいニット帽子です。

赤ちゃんの肌にもふんわりと優しいのでおすすめ!

日本の工場で丁寧に作られているので、安心ですね。

手洗い洗濯ができるので、いつでも清潔な帽子を赤ちゃんにかぶせてあげることができます。

帽子のトップは四角になっていてあまたにフィットしてくれるので赤ちゃんもニコニコです。

帽子をかぶることで紫外線対策にもなります。

お肌と髪の毛を守ってくれるでしょう。

帽子の生地は2重になっていて空気を含んでふんわりと軽いかぶり心地です。

暖かで寒い時期でも安心!

伸縮性が抜群の素材でできているので、赤ちゃんが窮屈な思いをすることなくすっぽりかぶることができます。

ベレー帽

コットン素材でできた年中かぶれる帽子です。

女の子でも男の子でも可愛くかぶれるのでおすすめ!

親子でお揃いでもかぶれる帽子で赤ちゃんも喜んでかぶってくれることでしょう。

洗濯も可能でいつでも清潔にかぶることができます。

大人サイズ、キッズサイズ、ベビーサイズの3種類から選ぶことができるので、親子お揃い兄弟お揃いでもかぶれておしゃれです。

ベレー帽はかぶり方で表情が違ってくるので、コーデによっても変えることができておすすめ!

カラーバリエーションは20もあるので、自分の好きなカラーを選びましょう。

ニット帽

小人の帽子のようなニット帽です。

とんがり部分を結んでもとってもキュート!

カラーバリエーションも豊富で、どの色にするか迷ってしまうことでしょう。

赤ちゃんの頭に伸縮性のいい生地になっているので、ぴったりです。

シンプルなデザインになっていて、どんなコーデにもあわせやすくなっています。

ボーダーのデザインもあって、可愛いでしょう。

日本製ベビー帽子

綿100パーセントでふわふわ無撚糸パイルのベビー帽子です。

帽子のトップに耳が付いていてかわいいデザインになっています。

使い心地がとてもよくて、大人気のベビー帽子です。

生地から縫製まで全てが安心・安全の日本製になっているので可愛い赤ちゃんにかぶらせる帽子として申し分ないことでしょう。

生後5ヶ月の帽子のおすすめ〜夏〜

イニシャルキャップ

UVカット率98パーセント以上になってUPF50+になっています。

夏の暑い時期におすすめのキャップです。

つばの部分には柔らかいワイヤーが入っているので上にあげてもとってもキュート!

豊富なアルファベットとマークのワッペンがついています。

可愛いスター柄がおしゃれな、ベビーとキッズ向けのお帽子です。

ツバの裏面も柄入りでつばをあげてもとってもおしゃれ!

紫外線98%以上カット・ホルムアルデヒド検査済なので、小さいお子様にも安心して使うことができますね。

UVカット帽子

欧米の女の子に大人気のヨーロピアンスタイルのUVカット帽子です。

顎ひも付きで風にも飛ばされにくくなっていて赤ちゃんにかぶせるのにおすすめ!

UVカット率はなんと最高値UPF50+になっているので、暑い夏にはかぶせてあげたい帽子です。

素材・密度・重ね縫いを行うことによって生地自体にUVカット効果があるので、洗濯による影響がありません。

カラーバリエーションは、レインボーになっています。

麦わら帽子

ママとお揃いコーデが楽しめる麦わら帽子です。

暑い夏には通気性のいい麦わら帽子が気持ちよくかぶれます。

カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ブラウン、ベージュがありおしゃれに夏を演出してくれるでしょう。

麦わら帽子の周りに黒のリボンがなんともおしゃれな感じがします。

洗える帽子

UVカットできる可愛い帽子です。

ユラユラ揺れるふうせんがほのぼのした感じのデザインになっています。

ところどころにネコちゃんがぶら下がっていてとってもキュート!

愛らしいピンク、ブルー、元気なイエローの3色から選ぶことができます。

いかりと鯨のデザインの帽子は夏らしさ満点です。

顎紐部分はゴムになっていて、赤ちゃんも苦しくありません。

柔らかい生地になっているので手洗いができて夏にも大活躍でしょう。

メッシュ素材のベビー帽子

安心の日本製のベビー帽子です。

裏はオフホワイトのパイルコットン100パーセントになっています。

UVカット帽子になっているので暑い夏におすすめです。

光を受けると光触媒の働きで、「UVカット」「抗菌」「消臭」「汚れの分解」の効果がある光触媒繊維「サンダイヤ」でできています。

生後5ヶ月の帽子のおすすめ〜冬〜

ウサギのニット帽

手編み感のあるかわいいウサギの耳がついたニット帽です。

ニット帽は伸縮性に優れているので赤ちゃんにとっても窮屈にならなくて保温性も高くなっています。

新生児の頃から使えて、大きくなっても使えるのでおすすめです。

耳付きニット帽

赤ちゃんの耳までしっかりと寒さから守ってくれるニット帽です。

トップについた耳がなんともキュート!

あご紐がついていて取れてしまう心配がありません。

アニマルフードニット帽

首周りまでしっかりと防寒してくれる冬には外せないアイテムです。

もこもこの羊のようなニット帽になります。

帽子とスヌードがドッキングしていて最強の防寒着です。

寒い冬にも赤ちゃんの頭と首元を守ってくれるでしょう。

伸縮性が高くで窮屈になりません。

カラーバリエーションはイエロー、カーキ、レッド、ブルー、ピンクがあります。

ネコ耳ベレー帽

子供と大人サイズのあるお揃いができる帽子です。

ネコ耳がついていてとってもキュート!

ネコ耳はピンと自立するのできれいなシルエットになっています。

ソフトアクリル100パーセントで保温性が高くてチクチクすることがありません。

ストレッチが効いているので、窮屈でないので赤ちゃんにおすすめです。

ベレー帽

伸縮性が高い生地でできているので、長期間使うことができます。シンプルなベレー帽で大変おしゃれです。

生地もちくちくしないので赤ちゃんの帽子としておすすめです。

程よい起毛感と温かいウール素材で赤ちゃんもニコニコでしょう。

どんなコーデにも合わせやすのもおすすめポイントです。

カラーバリエーションは、ローズ、ピンク、グレー、ワインレッド、ブラック、コーヒー、ネイビー、ベージュ、ディープグリーン、カーキなっています。

Sponsored links

生後5ヶ月の赤ちゃんが帽子を嫌がる時の対処法

赤ちゃんが、帽子を嫌がることはよくあることです。

赤ちゃんにとっては「できれば自分の動きを邪魔しないで欲しい!」というのが本音でしょう。

かといって帽子は、夏には熱中症対策として、冬には防寒対策として大切なアイテムになります。

赤ちゃんの危険回避の観点からも、お外に出る時は必ず帽子をかぶることを覚えてもらいましょう。

赤ちゃんが帽子を嫌がって、自分でとってしまっても「お外ではかぶろうね。」と何度も何度も言い聞かせてあげましょう。

根気がとてもいりますが、この方法が1番効果的です。

また、外に行く時はパパやママも帽子を必ずかぶるということも大切でしょう。

赤ちゃんはパパやママがしていることは自分のやってみたいと思っています。

外へ出る時にパパやママとお揃いであることは赤ちゃんにとっても嬉しいことでしょう。

「一緒ね!帽子かぶろうね」という風に誘う方法もおすすめです。

外出するときは帽子をかぶるのが普通になってくると、外に行くイコール帽子をかぶると認識してくれるでしょう。

外に行きたいときに自分から、帽子を持ってきてアピールするということもしてくれるかも知れませんよ。

もしも、帽子をかぶったら、褒めちぎりましょう。

「可愛いね!」「格好いい!」「素敵!」「似合うね!」などなど帽子をかぶっている赤ちゃんを褒めてあげましょう。

ニコニコしているのであれば赤ちゃんも喜んでいる証拠です。

鏡でチェックする赤ちゃんもいるくらい赤ちゃんは褒められることが大好きなので、おすすめの方法になります。

もう少し大きくなったら赤ちゃん自身の好きなデザインの帽子を選んであげるのも効果的です。