3ヶ月の赤ちゃんの服のサイズはどのくらい?おすすめのコーディネートは?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ママさん方こんにちは。

私もちょうど今、3か月になる赤ちゃんと一緒に過ごしている新米ママです。

うちの赤ちゃんはだいぶ目も見えてきているようで、ママやパパの顔を目で追うようになり、声を出して笑ったり、手でつかめるサイズの小さなおもちゃなら持つ事が出来るようになってきました。

皆様のお子様はいかがでしょうか?

実際に見れないのが残念ですが、とっても可愛いことでしょう。

お互いにわが子の成長を楽しみましょうね。

今回は、一般的な3か月の赤ちゃんの服のサイズとおすすめのコーディネートについてご紹介していきます。

皆様の可愛い赤ちゃんのコーディネートの一例に入れて頂けると幸いです。

広告

3ヶ月の赤ちゃんの服のサイズ

3ヶ月の赤ちゃんは 男の子の身長は57~66.1cm、体重5300~8300g、女の子は身長56~64.5cm、体重5000~7600gが平均です。

服のサイズはは60~80サイズになるでしょう。

この時期の服装でポイントになるのは、首が座っているかということです。

首がすわっていれば、前被りの服でも着せやすいので、今までの服選びより選択肢が広がります。

まだ首の座っていない赤ちゃんは今まで通り前開きのカバーオールなどが良いでしょう。

広告

3ヶ月の赤ちゃんの服の選び方〜春&秋〜

この時期の服装は、短肌着またはコンビ肌着+カバーオールまたはロンパースという服装がおすすめです。

服の素材は、肌触りが良いものを選んであげましょう。

寒いときや暑いときに調節しやすいようにベストや薄手のカーディガンを用意しておくと安心ですね。

こちら、春秋の温度調整にベストの代わりにいかがでしょうか。

裏地が綿で表地がポリエステルで厚すぎず、薄すぎず、とても着せやすいです。

とてもかわいいので、我が子にメロメロになっちゃいますよ。

こちらはスタイ付きのロンパース。

首へまわして付ける必要がないのであかちゃんが寝ていても取り外しが楽ちん。

何枚か持っていると洗い替えにも便利です。

3ヶ月の赤ちゃんの服の選び方〜夏〜

この時期の服装は、タンクトップや、メッシュ素材のコンビ肌着+カバーオールまたはロンパースという服装がおすすめです。

汗をかきやすい季節なので、マメに着替えさせてあげましょう。

あせも対策に汗取りを使用するのもおすすめです。

タンクトップ・ショートパンツ

ショートパンツ(南国ヤシの木柄)

甚平

 

広告

3ヶ月の赤ちゃんの服の選び方〜冬〜

冬場は、短肌着+長肌着またはコンビ肌着+カバーオールやロンパースがオススメです。

寒いからと赤ちゃんに厚着をさせがちですが、厚着をさせすぎると冬でも汗もが出来る事があるので気をつけましょう。

目安としては、背中に手を入れて見て暖かければ、快適だと思って大丈夫です。

汗をかいているようなら、着せすぎですので、一枚減らしましょう。

特に、最近は室内が暖かいことが多いので、注意が必要です。

室内ではあまり厚着をさせず、外に出るときにアウターで調節しましょう。

デザイン ロンパース

こちらは足先までスッポリ隠れるデザインのロンパースです。

服全体を使ってプリントされている動物のお顔がキュートで可愛いです。

前開きタイプではないので、首が座ったお子さんにおすすめです。

暖かい帽子もついてきますので、お得ですよ。

リバーシブル ボア

こちらはポンチョ型のアウターで女の子らしいデザインが特徴です。

ワンパターンなアウターに飽きたママさんにおススメです。ワンサイズなので長く着られそうですね。